最新記事

テクノロジー

ディズニーが認めたテクノロジーアーティスト深澤研 MR技術で世界に魔法をかける

2018年1月5日(金)12時50分
鳥山愛恵(本誌記者)

ホラーアトラクション「Corridor」では赤子を抱えた貴婦人が出現 TYFFON INC.

<MRを駆使した「バーチャルお化け屋敷」など新時代のホラーエンターテインメントを生み出す深澤の底知れぬ驚きの世界>

目を開けると、中世ヨーロッパの朽ち果てた洋館の廊下に立っている。目の前の重厚感のある扉を開けると、長年無人だった家独特のよどんだ空気に包まれ、カビ臭さにツンと鼻を突かれた気さえする。絶えず何かの気配を感じながら、ふとランタンを隅の暗闇にかざすと、壁に黒光りしたイナゴの群れが羽を震わせながらうごめいていた。

どこからともなく聞こえてくる子守歌。声をたどって部屋に入ると、ベッドの横に優しそうな貴婦人がたたずんでいる。ようやく人に出会って安堵したのもつかの間、彼女には足がない──。すると突如、醜悪な亡霊に変わり、すごい速さで迫ってきた。絶叫して身を縮めた瞬間、亡霊が体の中を通り過ぎていった。現実ではないのに、冷気が体を吹き抜けるのを感じた。

これは昨夜の悪夢でも妄想でもない。東京・お台場に2017年10月に誕生したエンターテインメント施設「TYFFONIUM(ティフォ二ウム)」のホラーアトラクション「Corridor(コリドール)」。先端テクノロジーを駆使した、いわば現代版ホーンテッドマンションだ。

tyffon-006.jpg

 TYFFON INC.

異世界への入り口となるのは紫色で覆われた8.5メートル×4.5メートルの部屋。ここに入って頭にヘッドマウントディスプレイを装着し、バックパックPCを背負えば準備完了だ。

TYFFONIUMはVR(仮想現実)技術にMR(複合現実)を掛け合わせた世界初のエンターテインメント施設。ここで提供されるバーチャル世界では、体験者は自分や同伴者の姿が見える上、自ら歩いて回れるので、異世界に体ごと入り込んだような没入感を味わえる。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 5

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 8

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月