最新記事

アメリカ経済

米共和党減税案、上位1%は中間層

The 1 Percenters Are Middle Class: House Republicans

2017年11月13日(月)15時40分
ニコール・グッドカインド

「貧乏人」は存在しないも同然 artisticco-iStock.

<世帯年収45万ドル以上を「中間層」とした下院共和党の異常な経済感覚に批判が噴出>

中間層減税を喧伝してきた米共和党がその減税案を明らかにした。米下院共和党によれば、中間層とは、年収45万ドル(約5000万円)以上稼ぐ人だという。全体のトップ1%に入る所得水準だが、共和党によれば、やっとのことで中所得層に留まっている人々だというのだ。

共和党は11月9日、税制改革法案に関するファクトシートを公表。その中で、納税者の上位0.5%の富裕層である年収45万ドルの世帯を「低中所得層」に分類した。

ちなみに、2016年のアメリカの家計所得の中間値は、5万9039ドル(約670万円)だ。

法人税と所得税の大型減税を柱にした共和党の税制改革法案は、年収45万ドルの「中間層」にかかる個人所得税の最高税率を39.6%から35%に引き下げるとする。だが、話題をさらったのは中身よりも、上位1%を中間層とみなす共和党の異常な経済感覚だ。

共和党の所得区分に「冗談だろう?」と苦笑するのは、全米最大の労働組合、米労働総同盟産別会議(AFL・CIO)の政策ディレクター、ダモン・シルバーズだ。「上位1%の所得水準が低中所得層というなら、年収45万ドル超を稼がない人間は存在しないと言うも同然だ」

アメリカの中間層の公式の定義はない。だが米シンクタンク税政策センターは、「家計所得の中間値」を年間4万8300~8万5600ドルとする。

低所得層への恩恵は後からついてくる

世論調査によれば、共和党の減税案を金持ち優遇とみなすアメリカ人は60%。共和党案は中間層への恩恵を強調しつつ、裏で金持ちを優遇する「トロイの木馬」だとして、民主党も猛反発している。

「これは中間層に対する詐欺だ」と、民主党のロン・ワイデン上院議員(オレゴン州選出)は言う。

「得するのは金持ちや力のある人で、中間層は締め出される」と、民主党のチャック・シューマー上院院内総務も批判した。

共和党内にも不満はある。最近の世論調査によれば、共和党員の63%が、法人税の減税より連邦予算の赤字削減の方が重要だと考えている。さらにそれを上回る75%が、富裕層への減税より赤字削減の方が重要と回答した。

共和党のベテラン戦略家ジョン・ウェーバーに言わせれば共和党案は「全米の共和党主流派が掲げる夢や希望を反映していない」と言う。

懸念や批判を意に介さない共和党上院議員もいる。共和党のリチャード・シェルビー上院議員(アラバマ州選出)は、金持ち減税が景気を刺激し、いずれは低所得層にも恩恵が及ぶという「トリクルダウン効果」を擁護する。「金持ちは資産を蓄え、仕事を生み、ハイリスクハイリターンの収益機会も生む」「過去の自分も含め、貧しい人間は何も生み出さない。日々の生活で精一杯なのだから」

共和党が最終的にこの考え方を支持するのか見物だ。

(翻訳:河原里香)


ニュース速報

ワールド

米朝対話、北朝鮮の非核化につながることが必要=ホワ

ビジネス

米政権が北朝鮮に大規模制裁、海運会社など対象 「第

ビジネス

1月の中国新築住宅価格、前月比+0.3% 1級都市

ビジネス

パウエルFRB議長の議会証言に注目=今週の米株市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月