最新記事

ストーブ

冬のキャンプを癒し空間に。テント内に設置可能な小型薪ストーブが続々登場

2016年11月24日(木)16時10分
geared (ギアード)

笑's 焚火の箱easy

takibihako.jpg

 日本のガレージブランド「笑's」の小型薪ストーブ 焚火の箱easy。

 小型なので燃やせる薪のサイズは小さくなりますが、収納性・携帯性を追求する 笑's らしく本体も組み立て式で収納サイズは驚くほどコンパクト。

 組み立ては、ネジなどは使わずとても簡単。扉だけでなく、オプションで側面をガラス張りすることができるので薪を眺める癒し効果は絶大です。
 オプションとなっている煙突も特徴的です。

 普通の薪ストーブの煙突は筒型でいくつかの筒を継ぎ足して煙突にしますが、焚火の箱の煙突は四角柱型。コの字型の金属板2枚をリベットでかみ合わせて煙突にします。2枚の金属板はそれぞれがパタパタと折りたためるので収納時は非常にコンパクトになります。

 収納サイズは、310㎜×240㎜×60㎜、重さが2.4kg。煙突は全長2mの場合で、収納サイズが115mm×400mm×40mmが2本で重さ2.7kg。ちなみに 笑's では、オールチタンの薪ストーブも発売予定とのことなので楽しみです。

製品名:焚火の箱easy メーカー:笑's 価格:¥17,000(税抜)


* * *

frontier4.jpg

 薪ストーブは焚き火台などに比べて熱効率が高いので、あまり薪を使わず、鍋をのせればストーブの熱で調理も可能です。テント内で使えるのも魅力の1つですが、テント内で使うにはティピーなどベンチレーションによる換気性能に優れているテントで、煙突でテント外へ排気ができる必要がありますのでご注意ください。

執筆:Geared(Facebookページ)

○関連記事(ギアード)
灯油ランタンで人気のドイツブランドPetromaxからテント内に設置可能なポータブル薪ストーブ登場

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 2

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 5

    韓国に対して、旧宗主国の日本がなすべきこと

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    経団連が雇用保険を使った「氷河期世代」救済に反対…

  • 8

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 9

    チョ・グク法務部長官の任命をめぐる世論の動向

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 7

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 8

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 9

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月