最新記事

社会

社会に必要なのは「ステレオタイプを克服すること」...妊娠後にHIV感染が判明した、私の経験と挑戦とは

Destigmatizing HIV

2024年03月02日(土)09時20分
ビクトリア・ロスコウ(イギリス・マンチェスター在住)
ビクトリア・ロスコウ

HIV感染者も愛する人たちと充実した人生を送ることができる VICTORIA ROSCOW

<「HIVと共に生きるのは恥ずべきことではない」...偏見とスティグマを社会で乗り越えたい>

2020年9月に結婚したとき、私たち夫婦が覚悟していた最大の障害は新型コロナウイルスだった。全く別のウイルスが私たちの人生にこれほど影響を及ぼすことになるとは、考えもしなかった。

結婚から1年後、私は妊娠9週目で初めての超音波検査を受けに行き、私の世界は震撼した。HIV検査で陽性だったと告げられたのだ。

夫は私の手を握り、一緒に受け止めていると安心させてくれた。私も赤ちゃんも死ぬのだろう。そのときの私はそれしか考えられなかった。

幸い、血液中のHIVの量は少なく、抗レトロウイルス薬で十分に管理できると言われた。投薬治療は私の健康を保つだけでなく、胎児への感染を防いでくれるだろうと説明された。

3週間後に投薬が始まり、さらに3週間後に再び血液検査を受けた。私のウイルス量は「検出限界以下」になっていた。つまり、夫やおなかの子供に感染させる可能性は極めて低いということだ。

治療が前進していることは私に希望を与えた。しかし、次のステップは、HIV感染に関するステレオタイプを克服することだった。

1980年代から90年代にかけて、HIVに感染するのは主にセックスワーカーや、男性とセックスをする男性だという誤解があった。私はそのどちらでもない。

医療チームと話し合うなかで、いつ、誰から感染した可能性が高いのかが分かった。昔のボーイフレンドだ。彼とはコンドームを使わずにセックスをした。

後ろめたいことは何もない。でも、夫にうつしたかもしれないと不安だった。陽性を告げられた翌週、私たちは家に閉じ籠もり、夫の血液検査の結果を待った。夫が陰性だと分かって心から安堵した。

健康な子供を出産できる

正直なところ、スティグマ(汚名)と恐怖と羞恥心を克服するのは大変な道のりだった。しかし、新たに得た希望と、陽性の診断は死の宣告ではなく普通の充実した人生を送れるのだという理解を武器に、HIVに私の存在を定義させたりしないと心に決めた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は続落で寄り付く、半導体売り続く 一時30

ビジネス

海外勢の米国債保有、2月は過去最高更新 日本の保有

ビジネス

米インフレ抑制、停滞の可能性=ボウマンFRB理事

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    ロックンロールの帝王を捨てた女性の物語、映画『プ…

  • 2

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「SNSで話題の足裏パッドで毒素は除去されない」と専…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 2

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    「テニスボール貫通ピンヒール」の衝撃...ゼンデイヤ…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 4

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:老人極貧社会 韓国

特集:老人極貧社会 韓国

2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる