最新記事

ファッション

「妊婦らしくない」とは言わせない──200年の歴史と概念を変えたリアーナ

Radical Maternity Wear

2022年06月02日(木)17時03分
セリーナ・ダイヤー(英デモンフォート大学講師)

歌手のリアーナは、妊婦である自分の変わりゆく体を受け入れ、誇示し、祝福するファッションを披露した STEPHANE CARDINALEーCORBIS/GETTY IMAGES

<現在のゆったりしたマタニティウェアは、妊娠が危険と見なされ、社会から排除されたビクトリア朝時代の名残り。変わりゆく体を受け入れてポジティブに発信し、みんなで祝福していく時代に>

妊婦は体形が変わってくると、マタニティーウエアを着ようかと考える。その手の服は、お世辞にもファッショナブルとは言い難い。だが歌手のリアーナは5月13日に出産するまで、世界を揺るがすような斬新なマタニティーファッションを披露し続けた。

リアーナは今年1月に第1子の妊娠を公表。しかし、従来のマタニティーウエアにありがちなストレッチ素材のパンツや、ゆったりしたテントドレスを着ようとしなかった。

彼女が取り入れたのは、自らの変わりゆく体を受け入れ、誇示し、祝福するスタイルだ。膨らんだおなかを隠さず、逆に露出する衣装や、体のラインを強調するタイトな服で母体を引き立てた。丈の短いトップスから股上の浅いジーンズ、クリスチャン・ディオールのスケスケのカクテルドレス(写真)まで、彼女は装いの全てを妊婦であることを祝福するものに変えた。

女性のウエストラインには、常に関心が向けられる。妊娠中は特にそうだ。多くの場合、マタニティーウエアはおなかを目立たなくさせ、体を締め付けないように作られている。

妊娠は女性にとって、性的魅力のある女性から、母性を持つ品格ある女性に移りゆく時として位置付けられる。ファッションは若い女性がアイデンティティーを構築する方法だが、マタニティーウエアはたいてい創造性に欠ける。体形をカバーする単調なデザインが女性らしさや個性を奪い、機能性ばかりを重視する。

性に厳格な道徳観があった19世紀イギリスのビクトリア朝時代には、女性の体をめぐる保守的な規範がつくられた。当時の道徳的価値観では、女性は敬虔にして純粋であるべきで、従順な「家庭内天使」であることが求められた。このようなキリスト教の道徳基準の下で、妊婦のファッションは「若い奥様用」だとか「新婚の淑女のために」などと、婉曲的に表現された。

「恥じることなんてない」

性行為は女性が母親になるために「耐える」ものとされ、妊娠は子供を持つために必要な「罪」を忘れさせないものだった。妊娠は不道徳なこととされたので、妊婦向けの医学書でも「妊娠」という言葉が使われなかった。

当時は乳児死亡率や流産の可能性が非常に高く、妊娠初期は祝福の感覚よりも不安が強かった。妊娠していることが広く知られると、女性は社会活動から締め出され、家から出にくくなる恐れがあった。

だから妊婦がおなかの膨らみを隠すのは、自立を保つためだった。現在のマタニティーウエアには、19世紀保守主義のそんな名残がある。

リアーナのラディカルなマタニティーファッションは、妊娠による身体的変化を祝福する。批判派は「品がない」「裸も同然」などと言うが、彼女はめげない。

「私の体は信じられないほど素敵な状態。恥じることなんて何一つない。どうして妊娠を隠さないといけないの?」と、リアーナはヴォーグ誌に語っている。

そう、リアーナのマタニティーファッションには、素敵な要素がたくさんある。彼女は社会に残るビクトリア朝時代の古い概念を打ち砕き、妊婦だけでなく女性全体のために行動した。私たちはどんな体形であろうと、自分の体に服を着せ、それを見せて、経験することができると教えてくれたのだ。

The Conversation

Serena Dyer, Lecturer in History of Design and Material Culture, De Montfort University

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、24企業・団体を輸出規制リストに追加 ロシア軍

ワールド

欧米当局、タンカー滞留巡りトルコと協議=英財務省筋

ワールド

キーウで今冬「終末」のシナリオも、電力・水供給断た

ビジネス

マスク氏、世界長者番付トップの座を一時明け渡す=フ

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 2

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 5

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 1

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 2

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 3

    英語習得のコツは実はシンプル! 「簡単な本の音読」…

  • 4

    メーガン妃のお気に入りブランド、アンバサダーは別…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 2

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    ダイアナ妃の「スカート丈」、人生の浮き沈みに比例…

  • 5

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売