最新記事

ファッション

シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「ファッションスタイル」に注目!

5 Looks That Show Princess Charlotte Is a Future Royal Fashion Star

2024年02月03日(土)10時00分
ジェームズ・クロフォード=スミス
シャーロット王女

Andrew Milligan/Pool via REUTERS

<王室の伝統を受け継ぎながら個性も存分に発揮...。「未来のファッションスター」シャーロット王女のスタイルとは?>

この1年、シャーロット王女が王室の行事に出席することが増え、「王室の未来のファッションスター」として、そのおしゃれな姿がメディアやファンをわかせている。

【写真】シャーロット王女の「ただならぬ風格」 を見る

ウィリアム皇太子とキャサリン妃の唯一の娘であり、王位継承順位3番目であるシャーロット王女は現在8歳。兄ジョージ王子(10歳)と弟ルイ王子(5歳)と仲良く王室行事に出席する姿がキャッチされている。


自分でファッションを選ぶには若すぎる王女だが、そのクラッシックなコートや柄のドレスは母であるキャサリン妃の影響が大きく、慎重に選ばれていると考えられている。

王室の行事に参加する際には母娘で調和するような色が選ばれていることも多い。2023年5月に行われたチャールズ国王の戴冠式にも、2人がファッションをコーディネートした姿が見られた。

王室ファッション専門家のクリスティーン・ロスはシャーロット王女のファッションは過去の王室におけるファッションスタイルに影響を受けている点を指摘し、次のように本誌に述べた。

「シャーロット王女のファッションスタイルはよく『永遠のクラシック』とされるものです。上流階級の多くの母親はピーターパンカラー(丸襟)やスモックワンピースを子供によく着せます。

シャーロット王女のお気に入りブランドは「レイチェル・ライリー(Rachel Riley London)」と「トロッターズ(Trotters)」のようで、よく写真にも撮られています。それは古さを感じさせず、エリザベス女王も少女時代に着用されていたドレスにも似ています。

シャーロット王女のファッションスタイルはほぼ変わらず、異なる柄や色のドレスやコートを着用されています。ただし、これで王女のファッションスタイルを評価するのは困難です。というのも、プライベートでは、異なる一面があり、遊び心のある刺繍のついたダンガリーやフリンジのついた、同世代の普通の女の子が好むファッションだからです」

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    テイラー・スウィフトだけじゃない...多くの女性が標…

  • 5

    なぜメーガン妃の靴は「ぶかぶか」なのか?...理由は…

  • 1

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 2

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 3

    「フリーダムすぎる王位継承者」レディ・アメリア・ウ…

  • 4

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

  • 5

    エリザベス女王が「リリベット」に悲しみ、人生で最…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    キャサリン妃の5つの「一軍バッグ」...イギリス製か…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは