最新記事

出産

「代理出産」は本当に身勝手なのか?

We’re Having a Surrogate

2023年12月01日(金)13時55分
クリスティーナ・カスパリアン(エッセイスト、神経言語学者)

譲歩は最高の愛情表現だった。私の心身の健康と願いを犠牲にしてまで子供を産み育てることはないと、夫と私は結論を出した。

そこで2人の女性に私の代役を頼むことにした。匿名の卵子ドナーと代理母のマーゴットだ。私は遺伝子も子宮も提供しないが、誓って心は生まれてくる子供にささげる。

私たちのやり方は型破りで特権的で、身勝手だ。一部にはカネにものをいわせた「犯罪行為」と責める人もいる。

犯罪行為については、代理出産を4度経験したマーゴットが否定するだろう。

出産と産後のケアを含めて、経費は私たちが持つ。彼女の心身の健康とプライバシーは、医師と弁護士がしっかり守る。私たちとの交流はこの「取引」の後も続く。要するに子供は出生の経緯を知らされ、マーゴットにも会う。

妊娠出産について聞かれても、私はもうはぐらかさない。「おなかを痛めた子供でなくても大切に育てます」と、胸を張って答える。

そしてこの決断を身勝手で不自然だと非難する赤の他人には、きっぱり言い返す。「余計なお世話です」と。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

パキスタン、2月総選挙からXへのアクセス遮断 安全

ビジネス

ブラジルの富裕層課税案、G20で支持拡大 7月の共

ビジネス

銀行、AI・機械学習活用のリスク予測する必要=バー

ビジネス

市場が政策変更に円滑に適応し、機能発揮が重要=清水
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    ロックンロールの帝王を捨てた女性の物語、映画『プ…

  • 2

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「SNSで話題の足裏パッドで毒素は除去されない」と専…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだっ…

  • 2

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    「テニスボール貫通ピンヒール」の衝撃...ゼンデイヤ…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 4

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:老人極貧社会 韓国

特集:老人極貧社会 韓国

2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる