最新記事

オランダ

「ファッショニスタ過ぎる」...オランダ・マキシマ王妃のドレスは穴だらけ?

2023年10月14日(土)08時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
マキシマ王妃

Robert Hoetink-shutterstock

<ヨーロッパ王室の中でもそのファッションセンスが人気のオランダのマキシマ王妃。しかし、今回ばかりは大胆すぎた?>

ヨーロッパ王室でもとりわけファッションセンスを高く評価されている、オランダのマキシマ王妃。

キャサリン妃やスペインのレティシア妃同様に自らに似合うファッションを知り抜いており、その時々の公務に合わせて、鮮やかな色使いと華やかな柄を着こなす王妃はファンを毎回わかせている。

【写真】マキシマ王妃の「ファッショニスタ」ぶり を見る

 
 
 
 

しかし、今回SNS上で賛否両論となったのは、自らの名を冠した「プリンセス・マキシマ小児腫瘍センター」設立5周年を祝うためにアムステルダムで行われた祝賀イベントで壇上に上がった際の衣装であった。


水色のドレスは全体に金色で縁取られた穴模様が施されているため、一見、大小のスタッドから素肌が見えるかのようなデザインとなっている。このドレスは波紋を呼び、王室のSNSアカウントには次のようなコメントが書き込まれている。

「申し訳ないのですが、これまでで最もひどいドレスです」
「奇妙なドレスですね」
「これらの愚かなコメントは完全にナンセンス! 王妃はいつもエレガントでモダンなドレスを着ています」
「まあ、好みは人それぞれ違いますよね」

ただし、マキシマ王妃自身はこのドレスに対する不評については気にしていない模様。というのも、2021年11月に夫のウィレム=アレクサンダー国王とノルウェーを訪問した際にもこのドレスを着用しており、その際にも同じような批判を浴びていたからだ。

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 2

    キャサリン妃が珍しく、ファッションで「失敗」...ダ…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    突風でキャサリン妃のスカートが...あわや大惨事を防…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    キャサリン妃が珍しく、ファッションで「失敗」...ダ…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

  • 5

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの