最新記事

ファッション

「どっちが真似」?...キャサリン妃とメーガン妃の「お揃いプリンセスヘア」5つの競演

Five Times Kate Middleton and Meghan Markle Wowed in Matching Hairstyles

2023年10月08日(日)09時00分
ジェームズ・クロフォード=スミス
メーガン妃, キャサリン妃

[左]Simon DawsonREUTERS/[右]POOL New-REUTERS

<キャサリン妃とメーガン妃のファッションは常に話題になるが、髪型までも「対立」の話題に?>

ジュエリーやアクセサリー使い、そして髪型までもがファッション界でもSNSでも注目の的になるキャサリン妃とメーガン妃。

王室内の対立が続く中、一方がかつて取り入れたスタイルを他方が採用すると、「真似」や「盗用」などがファンたちから主張されるなど、2人の対立は常に煽られるかたちになっている。

 
 
 
 


メーガン妃はかつて次のように述べている。

「もし私のことが好きならば、彼女[キャサリン妃]を嫌いになる必要はありません。そして、彼女[キャサリン妃]のことが好きならば、私を嫌いになる必要はありません」

ボリュームのある「プリンセス風ブロー」からモダンなスリックバック(髪を後ろに流すスタイル)まで、何かと比較されがちな2人のプリンセスの「お揃いプリンセスヘア」5選を一挙公開。

プリンセス風ブロー

princessblow-20231007.jpg

[左]2010年10月婚約発表 Suzanne Plunkett-REUTERS/[右]2019年6月、エリザベス女王のヤングリーダーズプログラムのレセプションにて POOL New-REUTERS

 
 
 
 


柔らかなカールのゴージャスなブローは、キャサリン妃もメーガン妃も公の場でのトレードマーク。

髪先までドライヤーで熱を加え、ブローブラシでカールを加えてボリュームを与えるこの髪型は、ロンドンのセント・ジェームス宮殿で行われたウィリアム王子(当時)との婚約会見で取り入れられた髪型で、当時、世界中に人気が広まったことも話題に。

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

露カスペルスキー、米国事業を段階終了 販売禁止措置

ワールド

主要労組、米大統領選でいずれの候補も支持しない可能

ビジネス

トタルとSSE、EV充電の合弁立ち上げへ 英・アイ

ワールド

トランプ氏の虚偽主張に焦点を、「標的」表現は間違い
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 2

    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…

  • 3

    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…

  • 4

    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 1

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 2

    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…

  • 3

    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…

  • 4

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 5

    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…

  • 1

    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…

  • 2

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…

  • 5

    「大丈夫」...アン王女の容態について、夫ローレンス…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50

特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50

2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50