最新記事

英王室

【英王室】アレキサンダー・マックイーンからシャネルまで、キャサリン妃の訪米ファッションに世界が注目!

Kate Middleton's Boston Looks From Alexander McQueen to Chanel

2022年12月10日(土)11時00分
ジェームズ・クロフォード・スミス

グリーンタウン・ラボを訪問した夫妻 POOL New-REUTERS

<ウィリアム皇太子夫妻の8年ぶりの訪米。フランス、アメリカのブランドに古着とレンタルまで、新時代の王室外交ファッションとは?>

イギリスの新たな「プリンセス・オブ・ウェールズ」ことキャサリン皇太子妃は、2022年「アースショット賞」授賞式参加のためにウィリアム皇太子とともにボストンに滞在。3日という短く多忙な旅程の間、パワフルなパンツスーツから印象的なイブニングドレスまで、キャサリン妃は義母であるダイアナ妃にも負けないオーラを放ち、人々を魅了した。

ボストン・ローガン国際空港に到着

11月30日、キャサリン妃は、アレキサンダー・マックイーンの深い紫色のパンツスーツでアメリカの地に降り立った。このアレキサンダー・マックイーンのパンツスタイルがお気に入りで、今年に入ってから別のバリエーションですでに3回着用している。

今回はタートルネックのブラウスと黒のスエードのヒールでコーディネート。そしてダイアナ妃がかつて所有していた、サファイアとダイヤモンドのイヤリングを合わせた。このタイプのドロップイヤリングをダイアナ妃はサファイアとダイヤの婚約指輪にあわせていくつも所持しており、アメリカ訪問時に何度も着用していたことが知られている。

RTSDOU5B-20221210.JPG

アレキサンダー・マックイーンの深い紫色のパンツスーツでボストン・ローガン国際空港に到着 POOL New-REUTERS

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

FBIがバイデン氏の別荘を捜索、機密文書見つからず

ビジネス

米フェデックス、役員・取締役を10%削減へ コスト

ワールド

EU、「グリーン」産業支援策を提案 米中に対抗

ワールド

トルコ、スウェーデンのNATO加盟支持せず=エルド

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    子どもの「自信」を育てられる親がすること、しない…

  • 4

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 5

    テイラー・スウィフトの代表曲にちなんだ、元カレを…

  • 1

    「同じ色の服は着てはいけない」メーガン妃の訴えと…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    【英王室】ファッションに見る「現代のプリンセス」…

  • 4

    【英王室】2人のプリンセスに愛されるデザイナー、ア…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売