最新記事

英王室

お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」の象徴的な「変化」を示す動画

Meghan Markle's 'Iconic' Transformation After Marrying Harry Goes Viral

2022年09月30日(金)18時05分
ジャック・ロイストン
メーガン・マークル

Toby Melville/Pool-Reuters

<真っ赤なドレスでクイズ番組のアシスタントをしていた彼女が、英王子と結婚して豪邸での暮らしを手に入れるサクセスストーリー>

英メーガン妃の「象徴的な変化」を表す動画が、TikTok上で大きな注目を集めている。アメリカの人気クイズ番組「ディール・オア・ノー・ディール」でアシスタントを務めていた当時の派手でセクシーな姿から、英ヘンリー王子と結婚した後のフォーマルな装いへの変化を表したものだ。

■【動画】ホットな衣装の番組アシスタントが、「メーガン妃」となる象徴的な変化

メーガンは駆け出しの女優時代、ハウイ・マンデルが司会を務める同クイズ番組のアシスタントを務めていた。その後、彼女は女優として活躍し、2018年5月にはヘンリー王子と結婚した。

あるTikTokユーザーが、当時からの彼女の変化をまとめた1本の動画が大きな注目を集め、これまでに47万5000回以上視聴されている。

「象徴的」という一言が添えられたこの動画では、「ディール・オア・ノー・ディール」の衣裳だった赤いドレスを身に着けたメーガンの写真数枚の後に、彼女が王室に入ってからと、王室を離脱した後の複数の写真が紹介されている。

「彼女が嫌われる理由が分からない」

この動画を見たある人物は、「彼女はキャサリン妃やウィリアム王子やヘンリー王子よりも年上なのに、一番若く見える。彼女は私の憧れだ。彼女にはいいことを引き寄せる力がある」と書き込み、このコメントは1万8000の「いいね」を獲得した。

別のユーザーは、「どうにかなりそうなぐらい彼女に夢中だ」とコメント。このコメントは1万3000超の「いいね」を獲得した。また別の人物は(8000の「いいね」を獲得)は、「彼女が嫌われる理由が分からない。彼女が嫌いだという人は、その理由を説明して欲しい」と投稿。「彼女はただただ美しい」という書き込みもあった。

メーガンは、ドラマ「スーツ」に出演中でヘンリーと出会う数年前だった2013年当時、エスクァイア誌のインタビューで「ディール・オア・ノー・ディール」について語っていた。このとき彼女は既に、出演当時のことをいい思い出として、次のように振り返っていた。

「当時のことは、生活するためにオーディションを受けていた頃のこととして分類している。私は在アルゼンチン米大使館で働いていたところから、あのクイズ番組に行き着いた。本当に色々な経験をした」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    テイラー・スウィフトだけじゃない...多くの女性が標…

  • 5

    なぜメーガン妃の靴は「ぶかぶか」なのか?...理由は…

  • 1

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 2

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 3

    「フリーダムすぎる王位継承者」レディ・アメリア・ウ…

  • 4

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

  • 5

    エリザベス女王が「リリベット」に悲しみ、人生で最…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    キャサリン妃の5つの「一軍バッグ」...イギリス製か…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは