最新記事

通信講座

ペットシッター資格「ペットシッターアドバイザー」取得でペット産業へチャレンジするきっかけに

PR

2022年09月26日(月)11時00分

<犬や猫などペットは大事な家族であり人生のパートナーだ。人間のライフスタイルが多様化しているように、ペットケアに関してもサービスが多様化している。ペットシッター資格ととともに紹介する>

ペットシッターが必要とされる理由

パソコンで仕事をする女性とシーズー

医療の発達で人間の平均寿命が長くなっているが、価値観や生活スタイルが多様化したり、生涯未婚率も高まったりとさまざまなライフスタイルの在り方が認められるなか、ペットは人生のパートナーとして存在感を強めている。それに伴って、ペットに関するサービスも増えている。ペットのケアをするのは病院やトリミングサロンのイメージが強いが、例えばペットシッターサービスやペットホテルの需要は伸びており、長じた後は老犬ホームといった選択肢も増えている。

特に最近では、ペットシッターサービスを提供する店舗や個人経営者が増加しているため仕事としての需要も増えている。経営はもちろんのこと、副業のひとつの選択肢としても注目されているのだ。

ペットシッターになる方法

ミニチュアダックスフント

ペットシッターとは、飼い主に代わって留守中のお宅でペットの世話をしたり、犬の散歩代行を行ったりする人を指す。飼い主が仕事や旅行などで家を留守にする時や病気やケガなどで、ペットの世話が出来ないときなどに世話の代行として必要とされることが多い。もちろんペットと遊ぶのが仕事ではない。ペットに関わる専門知識を必要とする専門家だ。そのためペットシッターになるには、さまざまな知識を身に付ける必要がある。ペットシッターの仕事内容、料金設定、ペットシッターの業務の進め方や注意事項、犬や猫の性格別ペットシッターの行い方といった知識だ。

ペットシッターは、飼い主と違い関係性のないペットの世話をする機会が多いため、ストレスに弱い動物は、環境が変わるとトイレを我慢したり、ごはんを食べなかったりして体調が悪化してしまうことがある。適切な対処法で世話をすることで飼い主不在のなかでもペットのストレスを軽減し世話をするのがペットシッターに必要とされるスキルだ。

またより長時間で対応範囲も広いのがペットホテルだ。飼い主とのヒアリング方法、報告書の作成方法、送迎方法といった知識が必要とされる。

ペットシッターの資格とは

ペットシッター資格の通信講座の教材

ペットシッターは大事な命を預かる仕事だ。ペットシッター資格について学ぶなら独学ではなく資格取得という目標を持って取組むのがおすすめだ。ペットシッタースクールに通うという手もあるが、通信講座で日本インストラクター技術協会の「ペットシッターアドバイザー」と日本生活環境支援協会(JLESA)の「ペットホテルソムリエ」が取得できる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

追加利上げ必要、インフレはピーク近い=レーンECB

ワールド

中国、米の軍事力報告書を一蹴 「ばかげた推測」

ワールド

豪中銀、0.25%利上げし10年ぶり高水準に 追加

ワールド

米豪国防相が会談、中国の「不安定化招く軍事活動」に

今、あなたにオススメ

お問い合わせ