注目のキーワード

最新記事

セレブ

「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジェンナー、驚愕の料理シーン

Kendall Jenner Struggles to Slice a Cucumber in Viral 'Kardashians' Clip

2022年05月14日(土)13時18分
エマ・ノーラン

ケンダル・ジェンナー(2021年) Mario Anzuoni-REUTERS

<セレブのケンダル・ジェンナーが番組内で「きゅうりをスライス」したところ、そのあまりのぎこちなさにネットは騒然となった>

Huluで配信中のリアリティー番組『カーダシアン家のセレブな日常』に出演しているモデルでタレントのケンダル・ジェンナーだが、番組内で披露した料理のシーンが大きな話題となっている。料理と言ってもナイフできゅうりを切っているだけなのだが、そのあまりにぎこちなく危なっかしい姿に、視聴者はハラハラしながらも大笑いしてしまったようだ。

「事件」が起きたのはケンダルと母親のクリス・ジェンナーが、ロサンゼルスの超高級住宅地カラバサスにあるクリスの自宅で会話しているシーンでのこと。母親は裏に控えているプライベートシェフに「軽食を作ってもらう?」と提案するが、ケンダルは自分でサンドイッチを作ると言う。

「自分で作る。きゅうりを切らなきゃ。こんなの簡単」とは言ったものの、きゅうりのスライスにケンダルは大苦戦することに。「分かった。どうぞ」と母親が言った後にカメラはケンダルの方を向くが、その時点でいきなり手元は相当危ない状態に。

@jessthereporter #kendalljenner #thekardashians #scottdisick #krisjenner original sound - Jess Lucero

クリスが「私もこの間、指を切っちゃった」と娘に注意を促すと、ケンダルは「そうね。ちょっと怖いわ」と返す。その後、「きゅうりって種はないの?」と言うと、カメラマンに向かって「切るのは上手じゃないから」あまりズームしないでと頼む。

先日は「質素」という言葉の意味が分からず話題に

この様子が放送されると、当然ながらSNSでは大きな騒ぎが起きた。「ケンダル・ジェンナーがきゅうりを切るという狂気の試みは、もう二度と見られないだろう」「ケンダル・ジェンナーは、自分は世間知らずなお金持ちの女の子じゃないと証明するため、自分で軽食を用意しようとし、きゅうりを切ることで肩を脱臼しそうになった」「ケンダル・ジェンナーがきゅうりを切る姿を見るのは、これまでで最もつらいことのひとつだ」といった書き込みが、ツイッターには溢れた。

長年リアリティー番組で活躍し、スーパーセレブとして知られるカーダシアン家に生まれたケンダルだけに、これまでナイフを使う機会はなかったのかもしれない。先日は、妹のカイリーと2人で「質素」という単語が理解できないでいるシーンが話題となった。

@amkardashian #kendalljenner #kyliejenner #krisjenner #kimkardashian #khloekardashian #foryou #kourtneykardashian #rich #lol #sister original sound - Amkardashian

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トレーラーから移民40人以上の遺体、米テキサス州

ビジネス

日産、ルノーとの協定内容開示の株主提案を否決=株主

ワールド

仏パリ市、ガソリン駆動バイクに駐輪料金導入 9月か

ビジネス

英アストラゼネカ、EUが乳がん治療薬2種を推奨

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 4

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売