注目のキーワード

最新記事

英王室

最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王でもチャールズ皇太子でもない

2022年02月03日(木)17時10分
田中ゆう

Stefan Wermuth/REUTERS

<日本ではウィリアム王子夫妻に関する報道が多いためトップは意外かもしれない>

2021年は英王室にとって波乱の年だった。エディンバラ公爵フィリップ王配の逝去、アンドルー王子のスキャンダル、ハリー王子は王室主要メンバーとしての役割を退きメーガン妃とともにその後も世間を騒がせている

公務を果たす者が減ったうえ、4月に95歳の誕生日を迎えるエリザベス女王の心身の健康面も不安視されるなか、大きな責任を引き受けるためにステップアップしたのは3人の子供たちだ。2021年、最も働いた英王室メンバー上位を紹介する。

5位 ケンブリッジ公ウィリアム王子

webc210930_william-thumb-720xauto-272173.jpeg

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミアにて(2021年9月28日) Toby Melville/REUTERS 

5位はウィリアム王子。叔母、父、祖母、叔父に次いで、2021年に「勤勉な王族」だった。未来の国王が出席した公務は235件。

ちなみに妻のキャサリン妃は8番目に多忙な王室メンバーだった。3児の母親業のうえに、大きなイベントの開催や訪問を両立させるキャサリン妃。温かいキャラクターとファッションアイコンとして不動の人気を誇る。

BxLuThzgM_T-004.jpg

Photo via Instagram 


4位 ウェセックス伯爵エドワード王子

RTXHFMTO-002.jpg

RHSチェルシーフラワーショーを訪れたウェセックス伯爵エドワード王子夫妻(2021年9月20日)Chris Jackson/Pool via REUTERS 

4位は、エリザベス女王夫妻の末っ子のウェセックス伯爵エドワード王子。女王の秘蔵っ子で、妻のソフィー妃とともに女王から厚い信頼を寄せられている。また、次男のアンドルー王子がスキャンダルのために英王室から追放された影響も。204件の公務に出席。ソフィー妃は194件。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 3

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売