最新記事

アメリカ

白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

Bye Bye, Karen

2020年10月27日(火)17時50分
パメラ・レッドモンド

Olga Ignatova-iStock

<あまりにありふれていて白人の特権意識を連想させるため赤ちゃんの名付け候補リストから外される運命に>

アメリカには今、「カレン」という名を持つ人が110万7736人いる(筆者の運営するウェブサイト「ネームべリー」調べ)。でも、110万7737人目が生まれることはなさそうだ。

カレンは「キャサリン」やロシア語の「エカテリーナ」に通じ、元は「純粋さ」を意味する素敵な女性名。なのに今は、みんなから毛嫌いされている。一部のメディアやSNSで、「差別意識・特権意識丸出しの困った白人中年女性」の代名詞として使われ始めたからだ。

こうなると、良識ある親は娘をカレンと名付けない。息子をアドルフと呼ばないのと同じだ。ただしアドルフ(20世紀の世界に戦争と破壊をもたらした独裁者の名)と違って、カレンという名の極悪人がいたわけではない。

映画や小説で、傲慢で恥知らずな人物の名として使われたこともない。ちなみに「グイド」という男子名は1983年の映画『卒業白書』で使われて以来、マッチョで鼻持ちならない男の代名詞となり、すっかり廃れてしまった。

nww-1027-name-001.jpg

ILLUSTRATION BY NEWSWEEK

2018年にアメリカで生まれた赤ちゃんで、グイドと名付けられた子は一人もいない(アドルフも皆無)。ただし『卒業白書』公開の前年には17人のグイドがいた。スーザン(女)もディック(男)も17人だった。

ディックの全盛期は1934年で、1131人の男児がこの名をもらった。当時もこの語は男性器を指す俗語として用いられていたが、その名を息子に与えることをためらう親は、まだいなかった。

しかし1960年代後半になると、ディックには「間抜け」や「嫌な奴」というニュアンスが加わった。以後、わが子をディックと名付ける親はどんどん減っていった。

中には、不遇の時期を耐えて生き残り、復活する名前もある。いい例が「ブリジット」。今ではみんな忘れているだろうが、かつてのアメリカでは貧しいアイルランド移民に対する差別意識が強く、彼らの子で「メイド」として働くしかない娘たちの代名詞がブリジットだった。

そんな名前を背負って生きるのはつらい。だから多くのブリジットが、自分の名を捨てた。筆者の祖母もそうだ。祖母ブリジットは1911年に「バーサ」と改名。しかし第1次大戦が始まると、敵(ドイツ軍)の使う巨大な砲弾が「ディッケ・べルタ(太っちょバーサ)」と呼ばれるようになった。祖母は再び改名し、今度は「べアトリス」を名乗った。

今いる大勢のカレンも、かつての祖母と同じ選択をするかもしれない。今年21歳になるカレン(2000人以上いる)の多くが改名の権利を行使して、ケリーやオリビアになるかもしれない。一昨年に生まれた娘をカレンと名付けた500人弱の親たちも、今頃はきっと激しい後悔の念に駆られている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、29日に非公式会合=関係筋

ワールド

米ウィスコンシン州の一部再集計、バイデン氏のリード

ワールド

米ロサンゼルス郡、新たなコロナ規制発表 社会的集会

ワールド

米政権、大統領選前の郵政公社の業務変更差し止め巡り

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 4

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    死産の経験をシェアした芸能人を叩く人たちが知らな…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!