最新記事

カルチャー

魔法使いから脱獄犯へ ダニエル・ラドクリフ インタビュー

Real-Life-Magic

2020年05月14日(木)16時45分
ニューズウィーク日本版編集部

子役時代とは風貌も変わり、演技にも真実味が ILLUSTRATION BY BRITT SPENCER

<あの「ハリー・ポッター」の主役が演じるのは、奇抜な方法で脱獄を試みる反差別の闘士>

魔法で危機をくぐり抜けるのは今度ばかりは難しそうだ。

「ハリー・ポッター」シリーズの主演で知られるダニエル・ラドクリフが最新作『エスケープ・フロム・プレトリア』(英語原題、日本公開は今秋の予定)で演じるのは、アパルトヘイト(人種隔離政策)時代の1979年に南アフリカの刑務所から脱獄を試みた実在の人物だ。

「誰もがわれこそはと考えそうだけど、実際に圧政に抵抗できる人はほんのひと握り」と、ラドクリフは言う。そのひと握りの1人が、本作で彼が演じる反アパルトヘイト活動家ティム・ジェンキンだ。

ジェンキンをはじめとする活動家たちは体制に逆らい、投獄される。「自分の意志を貫いた人々はそれだけで、映画の中で賛美されるに値する」と、ラドクリフは言う。

本作は、ただの伝記映画ではない。ジェンキン(本人もカメオ出演している)の著作に基づいて描かれるのは、手に汗握るスリラーだ。

「岐路に立つ男たちと南ア政治に関する物語であり、最高の脱獄映画でもある」と、ラドクリフは言う。「最高にイカれているのは、鍵を複製して牢獄からするりと抜け出してしまうところ」。H・アラン・スコットが話を聞いた。


――この作品に現代にも通じるものがあるだろうか。今の観客に感じてほしいことは?

あいにく、この映画のテーマはどの時代にも通じると思う。感じてほしいのは、ティムたちが自分の育ってきた社会を外側から見て、その不道徳さや暴虐な体制を捉えることができた点だ。

――作品がスリラー調になっているのはなぜ?

そもそも、実際に起きたことが信じ難い脱獄の物語だから。だって鍵を作るんだよ。ティムに会ったとき、彼は「誰でもやれることをやっただけ」っていう感じだったけれど、そんなことは絶対ない。

――子役時代に『ハリー・ポッターと賢者の石』で共演したイアン・ハート(クィレル役)と何年もたって再び共演するのは、どんな気持ち?

2人とも時の流れの恐ろしさを感じたと思う。いとおしい経験だった。

――「ハリー・ポッター」シリーズについて、めったに聞かれないけれど、聞いてほしいことはある?

共演者同士の関係についていつも聞かれるが、僕はスタッフのことなら何時間でも話していられる。ああいうシリーズものには珍しく、撮影現場には家族的で思いやりにあふれた空気が感じられた。それはスタッフがつくっていたものだと思う。

【参考記事】21世紀版『美女と野獣』で描かれる現代の女性像


20050519issue_cover_150.png
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月19日号(5月12日発売)は「リモートワークの理想と現実」特集。快適性・安全性・効率性を高める方法は? 新型コロナで実現した「理想の働き方」はこのまま一気に普及するのか? 在宅勤務「先進国」アメリカからの最新報告。

[2020年4月 7日号掲載]

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、中国の香港政策に支持表明

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

ワールド

BA親会社、英の新検疫ルールに法的措置検討

ワールド

インド、来週コロナ封鎖を一部解除へ 宗教施設など再

RANKING

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!