注目のキーワード

最新記事

子育て

子どもの才能を引き出し伸ばすことができる親に共通すること

2020年04月14日(火)16時15分
船津徹

受験がゴールになってしまわないように(写真はイメージ) imtmphoto-iStock

<多くの親が、我が子には「やりたいことを見つけて、自分らしい人生を歩んでもらいたい」と願っているにも関わらず、「受験」が目標にすり替わってしまってしまう。日本、アメリカ、中国で教育に携わってきた筆者が勧める、子どもの伸ばし方とは?>

「将来、どんな子どもに育ってもらいたいですか?」教育相談に来た親に質問すると「経済的にも精神的にも自立した子どもになってもらいたい」「自分らしい人生を生きる子どもになってもらいたい」「やりがいがある仕事についてもらいたい」など、皆さん素晴らしい子育ての目標をお持ちになっていることが分かります。

「ではご相談内容は何ですか?」

そう私が尋ねると「中学受験をするのですが、どうしたらいいでしょうか?」

「子どもは小学生ですが、◯◯大学に合格させるために、今、何をさせたらいいですか?」など「受験」に関する相談がほとんどなのです。

多くの親が、我が子には「やりたいことを見つけて、自分らしい人生を歩んでもらいたい」と願っています。ところが、子どもが夢を実現していく「手段」であるはずの「受験」が、いつの間にか子育ての目標にすり替わってしまうのです。

何のために受験勉強をするのですか?

親に言われるまま塾に通い、勉強に励み、希望の学校に合格しても、そこで成長がストップしてしまう子どもが多くいることを知ってください。「合格」というゴールを達成したことで目標を失い、次のチャレンジへのモチベーションが上がらないのです。

私は受験に反対しているのではありません。むしろ賛成派です。ただ親子で受験勉強に必死に取り組んでいるうちに、受験がゴールになってしまわないように警告しているのです。

今受験に取り組んでいる家庭では「何のために受験をするのか?」というテーマで、親子でディスカッションをしてみてください。「分からない」という子どもに「あなたの将来のためよ!」などと親の意見を押しつけないでください。なぜ受験するのか分からなければ、その答えを親子で一緒に考えてください。

「親の期待に答えるため」「仲の良い友だちが受験するから」「ライバルに負けたくないから」「学歴は将来大切だから」「良い大学に入れば人生勝ち組だから」などと子どもは答えるかもしれません。

子どもの答えが何であれ、親は否定したり、バカにしたりせず、考えを受け入れてあげてください。受験する理由が見つけからなければ、些細なきっかけで子どものモチベーションは下がり学力は停滞します。勉強できる子に育てるには、子どもが能動的に勉強に向き合うことが必要です。「自主的なやる気」に勝る学習法はないのです。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国製造業PMI、6月は51.7に上昇 1年1カ月

ビジネス

景況感、非製造業が製造業を逆転 原材料高が重し=6

ワールド

中国の対ロ軍事支援見られず、商務省措置は通常対応=

ワールド

22年路線価は0.5%上昇、2年ぶりプラス コロナ

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    英王室がサインをしない理由

  • 3

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売