最新記事

アート

笑える? 笑えない? 「ウォーリーをさがせ!」にも新型コロナウイルスで外出自粛要請

2020年04月22日(水)19時15分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

WALDO(ウォルド)は北米版のウォーリーの呼称。この風刺画には「すごく簡単」とタイトルがついている © Chattanooga Times Free Press, Inc./Clay Bennett

<外出制限が長引くと、人込みの世界に戻りたくなる?>

日本でも、いよいよ全国規模での外出自粛が実施されている。日本より早く外出自粛や外出禁止の措置に踏み切った国や地域では、段階的な解除をすでに始めたり計画したりしているところもあるが、暗いムードが漂う世界のありさまが、絵本の世界に反映した。

その絵本とは、イギリス発の『ウォーリーをさがせ!』。日本でも30年以上前から発売され、最近では、原画や関連作品の展覧会が全国で開催されたように、根強い人気を誇る。そのウォーリーがなんと、外出自粛のために人が少なくなった場所を歩く「新型コロナウイルス版」が出たのだ。

簡単すぎて、ウォーリーじゃない?

といっても、正式なシリーズ本ではなく、パロディ画だ。アメリカの著名な風刺漫画家クレイ・ベネット氏が米地方紙 Chattanooga Times Free Pressに掲載し、自身のツイッターフェイスブックにも載せて、注目を集めている。

「ウォーリーをさがせ! ソーシャルディスタンス版」と付記したこの画は、ベネット氏が連日のように同紙に寄稿しているコロナウイルス感染拡大の風刺画の1つ。感染予防のため、ほかの人と最低2メートル離れるようにするソーシャルディスタンスが描かれている。

普段は人が密集している場所にいるウォーリーが、野原を歩く人たちと2メートル、いや3メートルはあろうかという距離を保たなくてはいけないパンデミック(感染症の世界的な大流行)の現状は、やはり憂鬱だ。

しかし、頭を抱えてウォーリーを探さなくてもよいことが面白くもあり、「すごく笑える」というコメントも寄せられている。「具体的でわかりやすいから、この画を孫とシェアします」という人もいる。確かに、日本の「三密を避ける」イラストのように、混雑している絵にバツを書くのではなく、すでにそうなっている状況のベネット氏のような画のほうがインパクトは強い。

ところで、この画の左下には、「ウォルドに謝罪」と書いてある。その理由をベネット氏に聞いたところ、「他人のイラストのキャラクターを使用して、私の考えを表現したためです」との回答だった。氏は、いつもは、オリジナルの風刺画を描いている。

ベネット氏は、Chattanooga Times Free Pressにオフィスがあるが、現在は在宅勤務している。職場にはモニターが2台あり、1台はニュースを読んだりメールの送受信に使ったりしていて、もう1台のほうで風刺画を描いている。自宅では、ラップトップで仕事をしていて「まるで電話ボックスのなかで健康体操をしているようです」と、不便ななかで仕事を継続している様子をフェイスブックに綴っている。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、中国の香港政策に支持表明

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

ワールド

BA親会社、英の新検疫ルールに法的措置検討

ワールド

インド、来週コロナ封鎖を一部解除へ 宗教施設など再

RANKING

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!