最新記事

ファッション

苦労人シャネルと生まれながらの貴族のライバル、そして戦争

Chanel and Schiaparelli: Rivalry on the Riviera

2020年03月02日(月)18時30分
ニューズウィーク日本版編集部

AndreaAstes-iStock

<第2次大戦前夜のフランス社交界で出会ったスキャパレリとの競い合いが唯一無二のデザイナーを生み出した>

「5番」という名の香水で知られ、ファッションの世界に輝く巨星ココ・シャネル。第二次大戦の足音が近づく1930年代にも、彼女は南仏リビエラの社交界の華だった。そして自分より少し若い女性デザイナーのエルザ・スキャパレリと、激しく競い合ってもいた。

イギリスの社会史家アン・ド・コルシーは新著『シャネルのリビエラ──その魅惑と退廃、平和と戦争の中でのサバイバル(Chanelʼs Riviera: Glamour, Decadence and Survival in Peace and War )』で、シャネルの台頭とライバルとの華やかな競争を、戦争の気配に怯えるヨーロッパの闇と対比して描いた。以下はその抜粋。

*

1932年当時、ガブリエル・ボヌール(ココ)・シャネルは誰よりも有名だった。しかしシャネルの王座を脅かす個性的なライバルが台頭していた。彼女の名はエルザ・スキャパレリ。価値観も生まれも育ちもシャネルとは正反対で、当時の前衛的な芸術家 たちに囲まれていた。

相反する2人の視点は、それぞれの強みを発揮する方向に働いた。シャネルは、女性が服を着るのであって、服は主役ではないと信じていた。 一方、スキャパレリにとっての服は芸術。いい例が、サルバドール・ダリとコラボした「ロブスター・ドレス」だ。

NW_CCS_02.jpg

ロブスター・ドレス GIFT OF MME ELSA SCHIAPARELLI

シャネルはルックスも魅力的で、官能的かつ両性具有的で、シックだった。ショートヘアと細い体は、彼女の服の控えめな優雅さを引き立てた。有名な男たちと親密に交際してもいた。

何もかも対照的な2人

シャネルとそのシンプルなスタイルはブランドとなり、自身がその生きた広告塔だった。「私にとってシンプルであることは、本物の優雅さの基調だ」と言っていた。

既にシャネルは、代表作の1つであるリトル・ブラック・ドレスを発表していた。ある晩、劇場で非常に手の込んだ服を着た女性を見たシャネルは「あんなの長くは続かない」と言った。「私がみんなに着せるドレスはシンプルで、しかも黒なの」

NW_CCS_08.jpg

リトル・ブラック・ドレス ILLUSTRATION BY CONDE NAST/GETTY IMAGES

それまで黒は喪服限定の色だった。だからシャネルは新しいアイデアを持ち込んだだけでなく、社会的タブーを破ったことになる。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

RANKING

  • 1

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!