最新記事

ドラマ

『Lの世界』がカムバック! ジェニファー・ビールス インタビュー

”L” Stands for Love

2020年01月17日(金)18時30分
ニューズウィーク日本版編集部

The L Word: Generation Q on SHOWTIME/YouTubeより

<レズビアンの愛と葛藤をリアルに描いた画期的シリーズ『Lの世界』が10年ぶりに帰ってきた>

2004年、人気ケーブル局ショータイムでレズビアンの群像ドラマ『Lの世界』がスタートした。LGBTQ(同性愛者などの性的少数者) にとっては画期的な出来事だった。レズビアンが主役のロングランシリーズはおろか、レズビアンがドラマに登場することすらほとんどなかった時代に、この手のテレビシリーズでは初めて、自身の性的アイデンティティーに誇りを持つ女性たちの複雑な人生と愛を描いていたからだ。

『Lの世界』はLGBTQ、特に女性の描き方が型破りだった。彼女たちの成功と挫折、愛と破局、試練と勝利をテレビ画面上で芸術的に生き生きと描いてみせたのだ。

第6シーズンの放映終了から10年後の19年12月8日、アメリカで続編『Lの世界──ジェネレーションQ』の放映が始まった。LGBTQの問題をさらに前進させるストーリー展開と登場人物がめじろ押しだ。魅力あふれるべット・ポーターや親友の女性たちなど、ファン待望のオリジナルキャストも帰ってきた。

この10年間でオリジナルメンバーは大きな変化を経験しているが、変わらない部分もある。大学の美術学部長を辞め、一転して政治の世界に足を踏み入れようとしているべットが直面する試練について、シリーズ当初からべットを演じてきたジェニファー・ビールスに、本誌ジャニス・ウィリアムズが話を聞いた。

200117-nww-l-01.jpg

続編で「Q世代」の若者を演じる新キャストたち

――前シリーズ終了後もキャストのほとんどと連絡を取り合っていた?

ええ、全員とね。実はみんな何年も前から、シリーズ復活もあり得ると思っていた。放映終了後もインターネットで話題になっていたから。当時はソーシャルメディアはまだ登場したばかりだった。

――放映開始当初は、LGBTQの描き方が画期的だった。今はこの問題への意識が高まり、LGBTQ当事者として声を上げる人も多い。新シリーズはどんなふうに型を破るだろうか。

今はLGBTQの話題がはるかに増えた。世界は間違いなく変わった。ジェンダーやセクシュアリティーにまつわる言葉も増えた。(前シリーズの)放映が終了した頃とは、自分をどう定義するかも大きく変わった。LGBTQの若い世代が他人に定義されるのをひどく嫌い、自分たちの定義にこだわること自体、すごく画期的。新シリーズも話題になると思うとわくわくする。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、対中貿易制限に難色 「中国に米製エンジ

ビジネス

ユーロ圏財務相、財政支出拡大の方向で一致 ドイツが

ビジネス

米金利水準「おおむね適切」、新型肺炎はリスク=ダラ

ビジネス

英就業者数、10─12月も力強い伸び 賃金は減速

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    「47.2歳が人生で最悪」説を経験談から大検証してわ…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!