最新記事

映画

デキる女を支える男 目標を持つ女性を応援する男性の新しい可能性

A Feminist Rom-Com

2020年01月06日(月)16時05分
インクー・カン

冴えないジャーナリスト(ローゲン、左)と大統領の座を狙う(セロン)の恋の行方は? ©2019 FLARSKY PRODUCTIONS, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

<美しくてやり手の国務長官と売れないジャーナリスト。異色カップルを下ネタ満載で描く『ロング・ショット』>

『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のシャーロット・フィールド(シャーリーズ・セロン)は、誰もが憧れる仕事を持ち、高級ファッションを身に着けている。そして心のどこかで、いつか理想の男性が現れて人生にくつろぎと喜びを与えてくれることを願っている──ここまでは多くのロマンチックコメディーのヒロインと同じだ。

だが、他のロマコメと違う点がたくさんある。シャーロットは汚い言葉を使い、セックスをし、ダサいパンツスーツも着る。おまけに彼女がキャリアにのめり込むのは、男性パートナーのフレッド(セス・ローゲン)の喜びなのだ。

現実と同じく『ロング・ショット』の世界でも、権力の座にある女性は容赦ないチェックを受け、デートの相手には適さないと思われている。この作品の最も魅力的な部分は、強い女性を支えるという役割に満足する男性がいるという設定。これは歴史上、女性が配偶者に対してずっと果たしてきた役割だ。

【参考記事】家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が進まない日本

ローゲンはいつもどおりの得意技を存分に発揮する。下ネタや人種ネタを次々と繰り出し、自分のルックスについて自己憐憫をたっぷり示す。

しかし本作は、全く新しい何かを感じさせる。性差別に関するさまざまな視点や、女性を助ける男性パートナーという希少な存在が、「間の悪い勃起」や「空飛ぶ精液」と共に描かれる今までになかったロマコメなのだ。ユニークなハッピーエンドに至る展開は、ロマコメの方程式に新鮮でタイムリーなひねりを加えて、自らの目標を持つ女性を応援する男性の新しい可能性を示している。

ロング・ショット(大ばくち)とは、史上最年少の国務長官シャーロットが大統領になる見込みを指す。上司の能なし大統領(ボブ・オデンカーク)が再選を目指さないことを決めると、シャーロットは大統領選出馬を決意。そして幼なじみのジャーナリストのフレッドと偶然再会し、彼をスピーチライターに雇う。

新感覚の中に残念な点

ローゲンは相変わらず面白いが、セロンの演技はもっとすごい。例えばシャーロットが人前で串に刺さった料理を食べられないことや、目を開けて立ったままの「マイクロ昼寝」をすることを真実味たっぷりに、しかも人間らしく見せる。

ニュース速報

ワールド

中南米のコロナ感染死者、北米上回る=ロイター集計

ビジネス

ドルほぼ横ばい、今週は企業決算や小売指標が注目=N

ビジネス

S&Pとナスダック下落、ハイテク大手の下げ重し

ワールド

原油先物1%安、コロナ感染者増加や米中間の緊張懸念

RANKING

  • 1

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!