最新記事

ミスコン

女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優勝する時代に

2019年12月25日(水)16時45分
安部かすみ

バーバラ・リー下院議員は、ハッシュタグ「#BlackGirlMagic」を使い、「これは本当に黒人女性マジックです。世界中の黒人女性にとって計り知れない元気を与えるでしょう」とツイートした。


また、ミシェル・オバマ前大統領夫人も12月9日(ミス・ワールドが発表される前の時点)、4大会すべての優勝者が黒人女性となり、同様のハッシュタグで喜びを表していた。


暗黒の歴史を経てアメリカも新時代へ

ワシントンポスト紙も12月22日、「The expanding global pageant that is black beauty」(世界的な美のコンテストに広がるブラックビューティー」と報じた。

アメリカでは、まだ警察による不当逮捕や職業、賃金など黒人差別は根強く残っている。1983年、ミスアメリカとして選ばれた史上初の黒人女性は、歌手のヴァネッサ・ウィリアムスさんだ。ビューティー・パジェントといえば、今でも白人至上主義者のためのコンテストと揶揄される世界。ウィリアムスさんが優勝した時には、「FBIにファイルされ、殺人の脅迫も届いた」と言う。また地元ニューヨークで凱旋パレードを行う際「万が一のために狙撃兵を周りに置いた」とも言われる。

今から36年前と決して遠すぎる過去ではないが、黒人女性にとっては、美の栄光を獲得することも容易くない時代が続いていた。しかし2000年代に入り、人々の価値観や(内面や賢さも含む)美意識は少しずつ変化している。

「自分が選出された時、目が青色で肌の色が明るめということで『黒人の優勝者と言うには要素が足らない』と言う批評もあった」とウィリアムスさんは振り返る。「この5大会の優勝者たちも一言でブラックと言っても、髪型も肌の色も出身地もさまざまで多様性があり、実に喜ばしいこと」と語った

2019年は、さまざまなタイプの黒人女性が美の象徴として格付けされ、ブラックビューティーを語る上で一つのエポックになったのではないだろうか。

IMG_0657a.jpg

ニューヨークのイベントに現れた、2019年のミスアメリカのニア・フランクリン(Nia Franklin)さん。写真は筆者撮影

.

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米ISM製造業景気指数、9月は2年4カ月ぶり低水準

ワールド

EU首脳、ガス料金上限設定を欧州委に要請へ=声明草

ビジネス

英中銀、3日の国債買い入れ額は2210万ポンドにと

ワールド

キム・カーダシアンさん、暗号資産宣伝巡りSECと和

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売