最新記事

ホリデー

忘れられないクリスマスの旅へ ニューズウィークが厳選する世界10カ所

Best Christmas Vacations 2019

2019年11月29日(金)16時00分
スー・キム

■モーリシャス

インド洋に浮かぶ島国モーリシャスと言えば新婚旅行先の定番だが、パウダーシュガーのような白い砂のプライベートビーチとエメラルド色の海は、2人で過ごすロマンチックな休暇にもぴったりだ。

ピーチでキャンプをするのもいいが、体を動かすのが好きな人ならシュノーケリング、それに山でのトレッキングやジップラインなどのアクティビティーも楽しめる。

■ マラケシュ(モロッコ)

冬場に明るい日差しを楽しめる旅行先として人気のマラケシュ。現地の人々はクリスマスを祝わないから、クリスマスのお祭り騒ぎから逃れて一息つける場所でもある。ユネスコの世界遺産に登録された迷宮のようなメディナ(旧市街)や、ジャマ・エル・フナ広場の伝統的な市場、最近オープンしたイブ・サンローラン美術館など見どころも多い。

NW_CRK_03B.jpg

夕暮れのジャマ・エル・フナ広場 NARVIKK/ISTOCKPHOTO

■ドバイ(アラブ首長国連邦)

ドバイもマラケシュ同様、たっぷりと日差しを浴びて過ごせるし、この時期の平均気温は20度前後になる。

プールや砂浜、世界最大のショッピングモールであるドバイ・モールなど、家族みんなで楽しめる場所にも事欠かない。冒険好きなら砂丘でバギーを走らせるのもいいし、街歩きが好きな人は世界で最も高いビル、ブルジュ・ハリファなど壮大な建築物を見て歩くのもいい。

■べキア(セントビンセント・グレナディーン)

べキアはカリブ海に浮かぶ島。ヤシの木に縁取られた砂浜が点在し、エメラルド色の澄んだ海に囲まれて、派手さはないが忙しい日常から逃れるにはぴったりの場所だ。

カリブの島々の昔の姿を残していると言われ、ひなびた小島という趣だ。聞こえてくるのは地元の人々の話し声と単調なボートの音くらいのもの。貸し切りの小さなヨットで島々を巡るといったヨット遊びもいいけれど、べキアは地元の古い言葉で「雲の島」という意味。ただ寝そべってのんびり過ごすのもいい。


20191203issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月3日号(11月26日発売)は「香港のこれから」特集。デモ隊、香港政府、中国はどう動くか――。抵抗が沈静化しても「終わらない」理由とは? また、日本メディアではあまり報じられないデモ参加者の「本音」を香港人写真家・ジャーナリストが描きます。

[2019年11月26日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

イオン、今年度の減益予想据え置き 回復基調も先行き

ワールド

中国、チベット問題巡り米国に対抗措置 ビザ発給を制

ワールド

「骨太方針原案」を簡素化、基礎的財政収支の目標年度

ワールド

インド警察、ガス漏れ事故で韓国系化学工場のトップら

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 4

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!