最新記事

ライフスタイル

「人間関係もリゾットも上手に作れるようになるには時間がかかる」 おしゃれなゲイの、人生を変えるレシピ本

Recipes With Stories

2019年10月01日(火)18時20分
ケリー・ウィン

「確かに今は、心から愛する男性と一緒に暮らしているが、自分は同性愛者だと周囲にはっきり宣言したことはなかった。永遠にゲイでいるのか、それとも女性と恋に落ちて人生を共に歩むことにするのかも、はっきり分からなかった」

こうした葛藤が、このレシピ本に人間くさい魅力を与えている。もちろんそのレシピが、番組を通じて大衆の支持を得ていることも大きい。実際、『クィア・アイ』と同じように、この本はゲイだけでなく誰もが楽しめる1冊になっている。

とはいえ、最初は大変だったとポロウスキは認める。小説を書くことが夢だったと言うが、彼の中で料理と書くことは全く別のもの。「自分のレシピを書き留めたことはなかったし、計量カップなどの計測機器を使った料理法もしてこなかった」と、彼は言う。

「ひとつまみとか、ひとすくいといった感覚で料理をしていた。だから本を書くことになってから、それが具体的にどのくらいの量かを調べるようになった。

【参考記事】インドのゲイ王子 宮殿をLGBTQ支援施設に改装
【参考記事】同性愛の客室乗務員がなぜ、同性愛は死刑のイランに飛ばなければならないのか

(共著者の)ミンディー(・フォックス)にレシピを書き取ってもらう作業は、最初はとても大変だったけど、すぐにスムーズにできるようになった」

自分に自信を持てない人に、ポロウスキは次のように助言する。「小さく始めて、辛抱強く続けること。失敗も学びの一部だ。人間関係だってリゾットだって、上手に作れるようになるには時間がかかる」

ポロウスキはそれぞれの料理が持つ「物語」を大切にしている。「誰もが食べ物には個人的な思い出や思い入れがある。たとえそれがシンプルな料理でも、凝った料理でもね。だから、それをずっと作り続けているんだ。そうした由来にこそ料理の面白さがあることを伝えたい」

『クィア・アイ』は、18年2月から2年で4シーズンが放送されるというハイペース。現在はペンシルベニア州で第5シーズンの撮影中だ。この番組を通じて、世界一有名なゲイの1人となり、本も出版したポロウスキは次は何を目指すのか。

「この番組で仕事に対する考え方が一変した」と、彼は語る。「毎回、誰かを有意義な形で助けるプロジェクトをやっていると、それがほかの仕事でもスタンダートになる。『どうすればこれで、(1人ではなく)複数 の人、社会、家族にポジティブな変化を与えられるだろう』と、考えるようになる」

ただし、「今後のことは特に決めていない」と、ポロウスキは言う。「目の前にあることを一生懸命やって、その中から生まれるインスピレーションに従いたい。ただ、充電時間を自分に与えることも忘れないでおき たい。人生は短いからね」


20191008issue_cover200.jpg
※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。

[2019年10月 1日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

金利調整巡る議論「まだかなり先」、経済指標を注視=

ビジネス

ユーロ圏消費者信頼感指数、6月は-3.3に改善 3

ビジネス

ビットコイン3万ドル割れ、中国の取り締まり強化で売

ビジネス

米中古住宅販売、5月は4カ月連続減 価格は過去最高

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 3

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

  • 4

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 5

    家族と会えずに死にゆくコロナ患者たちの「最後の別…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売