最新記事

ライフスタイル

「人間関係もリゾットも上手に作れるようになるには時間がかかる」 おしゃれなゲイの、人生を変えるレシピ本

Recipes With Stories

2019年10月01日(火)18時20分
ケリー・ウィン

ファブ5の料理担当、アントニ・ポロウスキ CHRISTOPHER SMITH/NETFLIX

<ゲイ5人組が視聴者の悩みを解決するリアリティー番組『クィア・アイ』の料理担当アントニの料理本がついに登場>

ネットフリックスの大ヒット番組『クィア・アイ/外見も内面もステキに改造』は、おしゃれなゲイの5人組「ファブ5」が、トラブルを抱えた視聴者を、見た目も生活も大変身させるリアリティー番組。ファッショナ ブルなだけでなく人情味あふれる5人が、相談者に親身に寄り添う姿が支持されている。

しかも相談者は、銃弾を受けて車椅子生活になった元ギャングや、アメリカとメキシコという2つの文化の間で揺れ動くヒスパニックの女性、ホームレスとなった退役軍人の支援活動に励む男性など、アメリカ社会の「今」を象徴する庶民ばかり。

中には、「最初はゲイのアドバイスなんてやめてくれと思った」と語る相談者もいて(本人に内緒で家族が相談を持ち込むことも多い)、視聴者に大いに考えさせる内容が多い。

recipe02.jpg

それぞれの得意分野を生かして相談者の人生を変える5人組  CHRISTOPHER SMITH/NETFLIX

アントニ・ポロウスキは、それぞれ違う得意分野を持つファブ5の中の料理担当。相談者の(多くはごちゃごちゃの)冷蔵庫の中身を整理し、簡単に作れるけれどちょっと気の利いた料理を教える。番組はたいてい家 族や恋人を料理でもてなすシーンで終わるから、相談者らしい料理を教えることも重要だ。

そのシンプルだが独創的な料理のレシピを知りたいという声は、番組のスタート当初からシーズンを重ねるごとに高まっていた。そしてこの9月、ついにレシピ本『アントニ・イン・ザ・キッチン』が刊行された。

【参考記事】LGBTが多い住宅地の地価が高いのはなぜ?

サラダなど野菜ベースのヘルシーなレシピもあれば、マカロニ&チーズなど濃厚なパスタ料理、さらには甘党ファンもうならせるデザートまで実にバラエティー豊かな内容になっている。ポロウスキのいとこが、子供の ときのサマーキャンプで教えてくれたという甘酸っぱいレモンケーキのレシピもある。

そう、この本はただのレシピ本ではなく、ポロウスキの人生の物語が詰まっている。「20代のときは小説を書きたいと思っていた」と、彼は言う。「この本はむしろ、自分でも思いもしない人生を歩むことになった私の回顧録だと思っている」

どんな料理にも物語が

その思いは、本の前書きにもにじみ出ている。ポロウスキは、『クィア・アイ』がもたらした突然の名声への戸惑いと不安を驚くほど正直に告白している。

「私はファブ5の1人を名乗る資格があるほど、『本物のゲイ』と言えるのかと自問した」と、彼は書いている。

ニュース速報

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密

ビジネス

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通

ビジネス

オバマ前政権の燃費基準を来年撤回、新規則策定へ=ト

ビジネス

NY連銀、LIBOR代替指標の意見公募を1月まで延

RANKING

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 4

    被害者であることを武器にする「#MeTоо」は不快 「…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!