最新記事

音楽

ゆるキャラで野心家。エド・シーランの超豪華な最新作がイマイチな理由

2019年08月07日(水)17時15分
カール・ウィルソン

皮肉なのは、これだけ多くの有名人が参加しているのに、アルバムのテーマは「パーティーやセレブ生活が嫌い」であること。ビーバーとのデュエット「アイ・ドント・ケア」が典型例だ(この曲は5月の先行リリース後、全英チャートで第1位を獲得し、全米チャートでも長らく2位にへばりついていた)。

ラッパーのトラビス・スコットを迎えた「アンチソーシャル」(非社交的という意味だ)は、実のところパーティーソングだが、ここでもシーランは、パーティーでは誰にも話し掛けられたくないと歌う。

彼がやや内向的らしいことは分かるが、完全には信用できない。シーランの最大の強みの1つは、どんなジャンルにも容易に溶け込めること。『No6』はその事実と、彼の交友範囲の広さを物語っている。とても内向的な人間の仕業とは思えない。『÷』の制作過程を記録した映画『ソングライター』で、シーランは、今がキャリアのピークだろうと語っている。とい うことは、『No6』は前作のウィニン グランであるだけでなく、本格的なスランプに入る前の時間稼ぎ用の作品なのかもしれない。

とはいえ、その作りは「ゆるい」とは程遠い。アーティストだけでなく、プロデューサーもマックス・マーティンやシェルバック、ベニー・ブランコなどヒットメーカーをそろえており、その顔触れを見る限り相当な気合が入っている。

なかでも輝きを放っているのは、シーランが得意とするラブバラードだ。アルバムで最も手堅い1曲と言える「ベスト・パ ート・オブ・ミー」は、米アーカンソー州出身の新進R&Bシンガーのイエバを迎えた美しいバラード。売れっ子DJでプロデューサーでもあるスクリレックスと組んだ「ウェイ・トゥ・ブレイク・マイ・ハート」も、現代的で洗練された仕上がりだ。

ゲストの特色が台無し?

ただ、こうした曲に共通するのは、ゲストアーティストのパフォーマンスが生きていること。聴いているほうとしてはシーラ ンが出しゃばり過ぎて、それを台無しにしないよう祈るばかりだ。アルバム最終曲「ブロウ」ではその悲劇が起きている。大 スターのブルーノ・マーズと、カントリーの実力派クリス・ステイプルトンを迎えた1曲だが、皮肉にもシーランが歌う「俺に 何かしただろう/何か変なことを」という歌詞が、そのままこの曲の仕上がりに当てはまる。

個人的に、ゲストのパフォーマンスで最も印象的なのは、「サウス・オブ・ザ・ボーダー」のカミラ・カベロとカーディ・Bだ。2人のパンチの効いた歌声が、ベタベタした歌詞の嫌な感じを吹き飛ばしてくれる。

人気ラッパーのストームジーが参加した「テイク・ミー・バ ック・トゥ・ロンドン」もいい。シーランはこの曲で、専門家に よる自分のラップの評価やツアー生活について文句を垂れるのだが、ストームジーのキレのいいラップがその不快感を忘れさ せてくれる。チャンス・ザ・ラッパーも、平凡な1曲「クロス・ミー」を、味わいのある曲に変身させている。

その一方で、新進ラッパーのヤング・サグが参加した「フィールズ」は、まだ28歳のシーランが繰り出すジジくさいサビのせいで、サグのユニークな声がもたらすパワーが台無しだ。デビューアルバムがグラミー賞を受賞したH.E.R.(ハー)との共作、そしてやはり大型新人のエラ・メイが参加した曲も、シーランの薄っぺらいパフォーマンスが邪魔で、彼女たちの才能が十分聴けない印象を受ける。

総合的に見て、豪華ゲストが結集した『No6』は、十分楽しめるアルバムだ。考え過ぎず、あくまでゆるく聴くならば。


2019081320issue_cover200.jpg
※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。

[2019年8月 6日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資

ワールド

焦点:コロナで再び台頭する保護主義、貿易戦争が世界

ワールド

英イングランドでパブやレストランが再開、首相「責任

ビジネス

独コメルツ銀、CEOと監査役会会長が辞任へ 大株主

RANKING

  • 1

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!