最新記事

ファッション

モードで宇宙を目指したデザイナーに今再びの注目 ピエール・カルダン70年の軌跡

2019年08月14日(水)19時05分
ポーラ・フローリック

66年にビニールやメタリック素材が印象的な「宇宙服ルック」で金字塔を打ち立ててからも、未来やテクノロジーにインスピレーションを求める姿勢は変わらなかった。68年には、型崩れせず立体加工ができる新素材カルディーヌを発表している。

71年にNASAを訪問。アポロ11号の乗組員が着た宇宙服を民間人で身に着けたのは、このときのカルダンだけだ。

190814NW_PCD_02.jpg

NASAで宇宙服を着たカルダン COURTESY OF ARCHIVES PIERRE CARDIN. ©ARCHIVES PIERRE CARDIN

プレタポルテの先駆者でもあり、58年にパリの百貨店プランタンで既製服を売り出した。後に発表したユニセックスなスタイルは、多くのブランドにコピーされた。

60年代後半からは「ピエール・カルダン」の商標で稼ぐライセンス事業を展開した。これで資金を確保できたから、彼は自分の会社を売らずに済んだ。

ヨコボスキーによれば、今回の回顧展での注目は「ジャクリーン・ケネディのために作った赤いスーツや、ユニセックスな装いを提案した60年代の実験的デザイン、『歩く彫刻』を意図した動きやすい服」などだ。思えば、いち早く電球やLEDをドレスにちりばめたのもカルダンだった。「実用的彫刻」と呼んだハンドメイドの家具シリーズも見逃せない。

「カルダンを再発見してほしい」と、ヨコボスキーは語る。「今の人たちは、彼の名を冠したライセンス商品でしか彼を知らない。でも生身のカルダンは70年にわたって、誰にもまねのできない服を作ってきた」


2019081320issue_cover200.jpg
※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。

[2019年8月20日号掲載]

ニュース速報

ワールド

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ビジネス

ECB、週間の債券買取額が過去最高 コロナ対応で

ワールド

独、コロナ制限措置の緩和へ行動計画策定 マスク着用

RANKING

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 4

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!