最新記事

ライフスタイル

ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

2019年07月30日(火)18時30分
松丸さとみ

フランス女性がビーチでトップレスになるのはわずか19% Daniel Munoz (AUSTRALIA)- REUTERS

<現代のフランス人女性のうち、ビーチでトップレスになるのはわずか19%だったということが、最新の調査で明らかになった......>

体への批判やセクハラ、暴力への懸念

現代のフランス人女性のうち、ビーチでトップレスになるのは5人に1人弱だということが、最新の調査で明らかになった。1984年の同調査では、フランス人女性の43%がビーチでトップレスになると答えていたという。かつてフランスのビーチでは当たり前のように見られたと言われる女性のトップレス姿だが、トップレスになる(もしくはならない)理由からは、その時代の背景がうかがえる。

この調査は、フランスの調査会社IFOPが行なった。仏国際ニュースチャンネルのフランス24によると、IFOPは4月、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、英国の女性5026人を対象に、日光浴についてオンラインで調査を行なった。このほど発表された結果によると、50歳未満のフランス人女性のうち、ビーチで日光浴する際にトップレスになる、と答えた人の割合は、わずか19%だった。この数字は、10年前では28%、1984年では43%だった。

18〜25歳の女性の場合、トップレスにならない理由として、ハラスメントが心配、自分の体を批判されるのがイヤ、男性からいやらしい目でジロジロ見られるのがイヤ、などが上がった。またフランス人女性全体としてトップレスにならない最大の理由は、紫外線による悪影響だった。

一方でフランスのウェブニュース「ザ・ローカル」は、25歳未満の女性の場合、51%が、攻撃(言葉での攻撃、身体的・性的な攻撃)の対象となるのが怖いから、との理由を挙げたとしている。IFOPのフランソワ・クラウス氏は、「#MeToo効果がビーチにも現れている」と説明している。

女性の解放をトップレスで示した時代とスマホの今

昔は、トップレスになってもハラスメントなどを受けなかったのかというと、そうではないらしい。ザ・ローカルによると、社会学者のジャニーヌ・モシュ=ラヴォ氏は仏日刊紙リベラシオンに対し、トップレス女性に対するハラスメントは「1960〜70年代から常にあった」と話す。

しかしそれでも当時の女性たちがトップレスになったのは、大きなわけがあった。同氏によると、1960〜70年代の女性たちは、家父長制の社会や性的な制約から自分たちは解放された、と示すためにトップレスになった。60年代にアメリカで始まった、いわゆる「ウーマンリブ」だ。しかし今の世代の女性たちは、すでに十分解放されていると感じているため、トップレスになってそれを証明する必要性を感じないのだとモシュ=ラヴォ氏は指摘する。

同氏はさらに、現代ではスマートフォンで写真に取られたり、SNSで拡散されたりするのを懸念しているために、トップレスを避ける女性もいると説明する。同氏が行なっている調査でも、フランスの10代の女性は海水浴やプールで肌を隠す傾向にあり、ワンピース水着を着ている女性の割合も上の世代よりも高いという。

なお地域別では、フランス北部の方が南部よりトップレスになる人は少なく、南仏のプロバンス=アルプ=コートダジュールでは36%がトップレスになると回答したのに対し、北部沿岸地域のオー=ド=フランスではわずか7%だった。

国別では、もっとも少なかったのがイタリアの15%で、英国19%、フランス22%、ドイツ34%と続く。もっとも多かったのはスペインの48%で、他の4カ国がトップレスになる女性の割合が減少傾向にある中で、唯一、変化がなかった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 4

    【英王室】皇太子妃としての初仕事は、深い絆のウク…

  • 5

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 4

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 5

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    ボトックスで女性は本当に美しくなれる? 承認20年で…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売