最新記事

ウェディング

カネのかかるミニマリズム! 安いがインスタ映えする「小さな結婚式」はお得か

Tiny Weddings Are Upon Us

2019年07月19日(金)18時00分
シャノン・パラス

つまりタイニーウエディングは、78ドルするオーガニックコットンTシャツや1時間数百ドルの「こんまり」の片付けコンサルティングなどと同様に、「カネのかかるミニマリズム」なのだ。それだけの費用があれば、自宅の庭や公園を会場に、大人数で ごく質素な式もできるだろう。

でもあなたが、豪華ウエディング風のスタイルにこだわるのなら、タイニーウエディングは他の選択肢に比べてはるかにストレスなく夢を実現してくれる。豪華版を現実に行えば、親に巨額の費用をねだったり、着飾った友人たちをかき集めたりしなければならない。

タイニーウエディングには、ほかにも1つ利点があることを付け加えておかなければ。式場は農場だから、愛する人のほかに、子羊ともハグできるかも。

©2019 The Slate Group

<2019年7月23日号掲載>

20190723issue_cover-200.jpg
※7月23日号(7月17日発売)は、「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。世界経済の先行きが不安視されるなかで、景気を冷やしかねない消費増税を10月に控えた日本で今、注目の高まるMMTを徹底解説します。

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    世界的ベストセラー作家が体当たりで調べた「40代女…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!