最新記事

離婚

5万組のカップルを別れさせた男が明かす、愛と人間の真実

Breakup Stand-up

2019年07月05日(金)17時35分
クリスティーナ・チャオ

鋭い観察力と率直な言葉で観客を引き込む COURTESY NETFLIX

<離婚を迷っている人は見ないほうがいい? 若きスタンダップコメディアンが語る愛と人間のすべて>

昨年9月にネットフリックスに登場したダニエル・スロスのスタンダップコメディーショー『ジグソー』は、3万4000組以上のカップルを別れさせ、93組以上の夫婦を離婚させてきた。これでも本人いわく「控えめな」数字だ。

「実際の感覚では5万組くらい別れている。今も毎日、離婚したという報告が届く」

スコットランド出身のスロスは現在28歳。『ジグソー』は別離がテーマではないと語る。「シングルの人たちへのラブレターだ」

ショーの中で、スロスは自分の父親が人生を「愛のジグソーパズル」に例えたエピソードを紹介する。しかし、子供の頃の健全な思い出から話は意外な方向に進み、スロスは世の中が非現実的な恋愛観をゴリ押ししていると批判する。ディズニーのプリンセスには魅力的なプリンスが不可欠だと、子供たちに信じ込ませている、と。

「僕たちの世代は恋愛の概念を美化している。ほとんどガンみたいなものだ」

続いて彼は、観客に自分の関係を見直そうと語り掛ける。あなたのパートナーは、あなたのパズルに本当にはまっているか? あなたは相手のパズルにはまっているか? はまっていないのなら、人生を何年か無駄にしたことを認めて、別れればいい。

そして、多くの人がそのとおりにしている。

スロスの悪びれることもない堂々とした語り口は、17歳でス タンダップコメディアンとして初めて舞台に立ったときから観客を引き付けてきた。

近年はネットフリックスのおかげで国際的なスターになり、どこの国でライブを行ってもチケットは完売。6月中旬に北米ツアーが始まった作目のライブ『X』でも、歯に衣着せぬ人間観察で笑いを誘っている。ツアー序盤、ニューヨークで本番の数時間前にクリスティーナ・チャオが聞いた。

────あなたは10代でこの道に入った。

5歳か6歳の頃からスタンダップコメディーが大好きだった。相手を笑わせることは、僕の家族にとって大切なことだ。

小さい頃、ベッドに入ろうとして、下の階から母と父の笑い声が聞こえると、仲間に入りたくて仕方がなかった。具合が悪いふりをして下に降りると、両親はいつもスタンダップを見ていた。

────17歳で大人を笑わせるのは難しくなかったか。

17歳(のスタンダップコメディアン)が面白いとは誰も思っていないから、僕に対する期待はそもそも低かった。最初のジョークの1つは、自分の母親の胸がいかに大きいか。いつも学校で、そのことでいじめられていたから。

保護者会の後に教師が、あろうことか、教室でみんなに言ったんだ。「スロスのママのおっぱいはデカイぞ」。おかげでいじめられた。だから自分で冗談にした。自分が童貞だということも冗談にした。両親は困惑したに違いない。でも、今は僕を誇りに思ってくれている。

ニュース速報

ビジネス

米FRB議長、利下げ休止改めて示唆 「経済は持続的

ビジネス

英CPI上昇率、10月は前年比1.5% 3年ぶり低

ビジネス

ユーロ圏鉱工業生産、9月は予想に反して小幅増加

ビジネス

アリババ、香港IPOを14日にも開始 134億ドル

RANKING

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    これが未来の飲み方? 容器ごと食べるウイスキーは…

  • 3

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

  • 4

    「アイデンティティ」を前に手が止まる日本人 自分…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    高齢時に忘れっぽい人になるかどうかは、8歳の時に予…

  • 3

    運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!