最新記事

中国

中国のユニクロで大騒動のKAWSコラボTシャツ、すでに転売...

2019年06月05日(水)17時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

殺到する客に対し店側は、該当のTシャツ、トートバッグの購入を1回につき2個までの制限をかけたというが、どこまで機能したかは不明だ。

ちなみに商品はすでに、メルカリのような中古品売買サイト「閑魚」で転売されている。2日後に控える日本での発売に注目が集まる。

ニュース速報

ワールド

原油先物は約2%安、FRBタカ派化受けたドル高が重

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

ビジネス

米、中国との首脳会談検討 秋のG20で実現も=大統

RANKING

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 4

    家族と会えずに死にゆくコロナ患者たちの「最後の別…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    話す力を鍛えるアメリカの学校教育

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売