最新記事

ヒラリー・クリントン

稀代のパワーカップル『ヒラリーとクリントン』、政治家の結婚を描いた笑えない喜劇

Hillary Clinton, Tragic Heroine?

2019年06月17日(月)16時45分
ニーナ・バーリー

有名過ぎる夫婦の「物まね」ではない演出は賛否両論 JULIETA CERVANTES

<クリントンは何に怒り、何に負けたのか......米政界パワーカップルの悲哀のドラマ>

ブロードウェイで公演中の舞台『ヒラリーとクリントン』は、「いわゆるコメディー」とただし書きが付いている。しかし幕 が上がってみれば、欠点だらけの中年のヒロインがフリースの上着にスリッパを履いて、運命に怒りをぶつける純粋な悲劇だ。 「私の思う悲劇の主人公は、時に自分や他人の行動の結果として、時に不運な時代と場所に生まれた結果として、絡み合った 環境から逃れることができない人だ」と、脚本を手掛けたルーカス・ナスは言う。

「その縄を振りほどこうと、どんな道を選んでも、必ず新たな問題が待ち受けている。(古代ギリシャの悲劇作家)ソフォクレス風に言えば、ねじれた枝を真っすぐにしようとしても、何をしたところで、枝は余計にねじれるだけだ」

ヒラリーを演じるローリー・メトカーフは、本物のヒラリー・クリントンを演じているのではないと語る。「物まねは求められなかったから、その点は気楽だった。架空の人物だ。それでも彼女が08年に(民主党予備選挙で)経験したことを調べて、大統領選の渦中にいるというのはどういうことか、感じ取ろうとした。あんな経験をどうやって乗り越えるのか、私には考えられない。永遠に終わらない、地獄の日々だ」

【参考記事】「人をイラつかせる何か」を持つヒラリー 22年も嫌われ続けるその理由

コメディー的要素を担当するのは、ジョン・リスゴー演じる夫のビル。自身の経験に基づく政治的なアドバイスは、現実世界のヒラリーにとって最も難しいアドバイスでもある。有権者は頭ではなく心で投票するとビルに言われ、彼女はぴしゃりと言い返す。「ばかばかしい、人間は成長しなくちゃいけない」

ナスは、伝記を書こうと思ったことは一度もないが、今回の作品は政治家の結婚をリアルに伝えていると語る。

ヒラリーのキャリアが、あからさまな女性蔑視に彩られてきたことは確かだ。しかしナスとメトカーフは、自分の意志で行動する欠点だらけの主人公を描く。ヒラリーが負けたのは女性蔑視の被害者だからというより、自分の選択ミスのせいだと示唆しているのかもしれない。

ブロードウェイのヒラリーは週6日、自分の運命に怒りをぶつける。車で30分ほど北にある自宅で、本物のヒラリーも怒りをぶつけているのだろうか。

【参考記事】おじさん・おばさんにはピンとこない、若者だけに響くミュージカルの秘密


magSR190625issue-cover200.jpg
※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。

[2019年6月18日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

中国、米産鶏肉の輸入制限解除 年間10億ドル規模

ビジネス

ECB、銀行ストレステストに気候変動リスクの導入検

ビジネス

第3四半期の独GDP速報値、前期比+0.1% 景気

ビジネス

欧州の景気後退リスク、「非常に低い」=ECB副総裁

RANKING

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    これが未来の飲み方? 容器ごと食べるウイスキーは…

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!