最新記事

映画

ランプの魔法も効かない!? 実写版『アラジン』に拭いきれない嫌な予感

Not Quite a Whole New World

2019年06月06日(木)17時00分
インクー・カン(カルチャーライター)

実写版の大きな魅力は、登場人物が具体的に肉付けされ、それぞれ複雑な動機を抱えていること。ランプをこすった「ご主人様」の命令に逆らえないジーニーは、権力に飢えた人間の野心に幻滅を隠さない。王女として定められた結婚を嫌がるジャスミンの感情は、ティーンエージャーにありがちな不機嫌さだけではない複雑さに満ちている。

ジャスミンの父サルタンの臣下で、アラジンと同じコソ泥から大出世したジャファーは、サルタンより偉大な王になるという夢を見る。ただしマーワン・ケンザリの演技は、悪役の人間味あふれる悲劇を引き出していない。

新しい『アラジン』は、本当の意味で新しい世界(ホール・ニュー・ワールド)を見せてくれるわけではない。目新しい解釈やボリウッド流の多様性によって、「新しい感じ」を醸し出してはいるのだが。

©2019 The Slate Group

20190611issue_cover200.jpg
※6月11日号(6月4日発売)は「天安門事件30年:変わる中国、消せない記憶」特集。人民解放軍が人民を虐殺した悪夢から30年。アメリカに迫る大国となった中国は、これからどこへ向かうのか。独裁中国を待つ「落とし穴」をレポートする。

[2019年6月11日号掲載]

ニュース速報

ワールド

「指導者の裏切り許さない」、環境活動家グレタさんが

ワールド

米韓首脳、北朝鮮との対話維持で協議 「厳しい」認識

ワールド

アングル:ウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反

ビジネス

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

RANKING

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 4

    被害者であることを武器にする「#MeTоо」は不快 「…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!