最新記事

医療技術

遠い未来の話じゃない? 幹細胞と3Dプリントで自分の骨をオーダーメイド

Treating Our Bodies More Like Ecosystems

2019年06月03日(月)11時50分
ジュリアナ・ピニャタロ

――成功にどれぐらい近づいているか。

私にとって、成功とは患者の人生を変えること。私たちの技術で人々がもっと幸せで健康な、痛みの少ない生活を送れるようにすることだ。

次の段階は、人間の被験者が参加する臨床試験だ。この研究は、(患者本人や他人の細胞を投与して治療する)細胞治療に近い。私たちにとって、細胞は薬の有効成分のようなものだ。

最初の試験は無事に終わるはず。それが証明できれば、被験者を増やし、私たちの製品の有効性を示せると思う。

――あなたの挑戦が成功したら、世界はどうなると思う?

20年後に私が見たいと思っているのは、私たちが自分の体を1つの生態系のように扱う世界。もし何かを修復する必要が生じたら、自分の体が「細胞の再生可能資源」になり、時間をかけて自分自身を修復する。

私たちは既に、自分の体内にその能力を持っている。人体の自己再生能力を真の意味で解き放つ未来の到来は、遠い先のことではないと思う。


20190611issue_cover200.jpg
※6月11日号(6月4日発売)は「天安門事件30年:変わる中国、消せない記憶」特集。人民解放軍が人民を虐殺した悪夢から30年。アメリカに迫る大国となった中国は、これからどこへ向かうのか。独裁中国を待つ「落とし穴」をレポートする。

[2019年6月 4日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ビジネス

ECB、週間の債券買取額が過去最高 コロナ対応で

ワールド

独、コロナ制限措置の緩和へ行動計画策定 マスク着用

RANKING

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 4

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!