最新記事

女性の働き方

働いていない女性はいない? 日本の女性政治家を増やすには

2019年04月11日(木)15時00分
治部れんげ

本気でジェンダー平等を政策目標とする候補も

もうすぐ、統一地方選挙があります。私の周りでも、複数の友人・知人が県議会議員、市区町村議会議員、市長などに立候補を表明しています。昨年成立した「政治分野における男女共同参画推進法」の影響で、女性候補者は増えました。NHKの報道によれば、41の道府県議会議員選挙に立候補した3062人のうち、女性は389人で、前回の4年前から10人増え、これまでで最多となっています。それでも女性比率は13%に留まります。

その背景には、働き方や家事育児の課題があるでしょう。もし、政治家も朝・夜は当たり前のように自宅に帰って家族と過ごすことができたら、子育てや介護をしている人も、政治を職業選択のひとつと考えやすくなるでしょう。立候補したり、既に政治家になったりしている女性の話を総合すると、子どもと離れて過ごす時間が長くなることは、彼女達を躊躇させる大きな原因になっています。

政治家に女性が少ないもう一つの理由は、性差別的な文化の問題です。時間的な制約を乗り越えて立候補を決意し、無事に当選した後、多くの女性が様々な困難に直面します。議会内で聞かれる性差別的な野次、私生活を面白おかしく書きたてるメディア、候補者からの断れない誘いから始まるセクハラ。強く推薦されても、立候補をかたくなに断っている女性の中には、こうした現実を受けいれられない、という人が少なくありません。

こういう現実を少しでも変えるためには、まず選挙権のある人が投票し、政治的なプロセスに参加する必要があります。女性候補はもちろん、男性候補の中にも本気でジェンダー平等について考え、政策目標としている人がいます。子ども達の世代のためにも、しっかり情報収集して、誰に投票するか決めてください。

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!