最新記事

女性

女性器切除、ヴァギナアート、性的虐待──戦う5人の女性描いた「#Female Pleasure」が海外でヒット中

2019年04月22日(月)18時10分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

作家として成功しベルリンに住むデボラ・フェルドマンさんは、ニューヨークのブルックリン地区の超正統派ユダヤ教コミュニティーで育った。ユダヤ教の戒律を厳守するこの超右派内で、30分会っただけの男性と17歳で結婚。妻としての義務(子を産み育てること)について、そのとき初めて聞かされた。19歳で息子が誕生。

df-001-190422.jpgX Verleih AG

宗教上、日々コントロールされて生活することが自分の将来だけでなく、息子の将来にとっても正常ではないからと、息子と一緒に脱出することを考え、5年かかって実現した。初の著書である自伝『アンオーソドックス』はアメリカでミリオンセラーになり、ほかの言語にも訳されている。

ヴィティカ・ヤダフさんは、ヒンズー教徒の慣習にとらわれずに、好きな男性と結婚した。進歩的な家庭で育ち、自分が本当にしたいことをすべきだと言ってくれた両親のおかげで、人権の分野で働くことを決めた。人身売買や強制労働などの課題に従事して、ジェンダー不平等、性暴力、虐待、中絶などの問題にも関心を深めた。

vy-women-190422.jpgX Verleih AG

そして、インドでは性の健康についての情報が非常に不足していることから、性教育を促進しようと、「ラブ・マターズ」というウェブサイトを立ち上げた。ヒンズー語と英語の同サイトは、男女ともが愛やセックスについて偏見のない情報を得られるインド初のプラットフォームだ。ヤダフさんは、インドで横行する女性への性的暴行をなくしたり、自由恋愛を奨励するイベントも開催している。ヤダフさんも「ラブ・マターズ」も高い評価を得て、受賞している。

ドイツのドリス・ヴァーグナー(英語によるスピーチ)さんは、近年、次々と明らかになってきたキリスト教の聖職者による未成年者や修道女に対する性的虐待(*)の被害者だ。19歳で修道院に入った彼女に起きた性的暴力(24歳だった)のことを、ほかの修道女たちに話すことができなかった。個性を消し去って常に微笑んでいることが修道女のあるべき姿だと教えられ、もし打ち明けたら、悪いのはあなただと言われることはわかっていた。

dw-190422-001.jpgX Verleih AG

幸いにもほかの聖職者が救いの手を差し伸べてくれ(現在の夫)、珍しいことにその修道院が大学で学ぶチャンスを与えてくれたことをきっかけに修道院を離れる決心をした。現在は同じ経験をした被害者たちをケアする仕事をしていて、言葉を発することができない被害者たちたちのためにと映画に出演した。(*カトリック教会トップは事態の深刻さをようやく認め、2月に、カトリック法王フランシスコとカトリック教会の司教たちが、初めて「聖職者による性的虐待に関する特別会議」をヴァチカンで開いた)

男性も見るべし

筆者は本作をチューリヒで見た。女性の観客が圧倒的に多かった。周囲で、この映画を見たという女性の友人たちも、客席には女性ばかりだったと言っていた。同じ女性として、国籍も宗教も関係なく弱い立場にいる女性に関心をもつのは当然だろう。

親戚や知人で本作を見たという男性たちは「これは女性はぜひ見るべき映画だと思うけれど、男性としても考えさせられたよ」と口をそろえていた。女性差別の状況が変化するには、やはり男性の側の意識も変わらなければいけない。


s-iwasawa01.jpg[執筆者]
岩澤里美
スイス在住ジャーナリスト。上智大学で修士号取得(教育学)後、教育・心理系雑誌の編集に携わる。イギリスの大学院博士課程留学を経て2001年よりチューリヒ(ドイツ語圏)へ。共同通信の通信員として従事したのち、フリーランスで執筆を開始。スイスを中心にヨーロッパ各地での取材も続けている。得意分野は社会現象、ユニークな新ビジネス、文化で、執筆多数。数々のニュース系サイトほか、JAL国際線ファーストクラス機内誌『AGORA』、季刊『環境ビジネス』など雑誌にも寄稿。東京都認定のNPO 法人「在外ジャーナリスト協会(Global Press)」理事として、世界に住む日本人フリーランスジャーナリスト・ライターを支援している。www.satomi-iwasawa.com

ニュース速報

ワールド

アフリカでのコロナワクチン生産で投資家と協議中=ル

ビジネス

午後3時のドル110円前半、米長期金利持ち直しでド

ワールド

ドイツの与党連合、「安定と刷新」へ減税と引き締め財

ビジネス

日経平均は急反発で873円高 今年最大の上げ幅

RANKING

  • 1

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 2

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 5

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 3

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 4

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

  • 5

    家族と会えずに死にゆくコロナ患者たちの「最後の別…

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    生理休暇、意外にも日本女性は恵まれてる? なぜ欧米…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売