最新記事

人種問題

「狭き門を気に病む必要はない」――『クレイジー・リッチ!』主演女優がこじ開けたハリウッドの扉

Minority Report

2019年01月25日(金)15時30分
アンナ・メンタ

ウー主演の『クレイジー・リッチ!』は日本でも大ヒット TIZIANO LUGLI, ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

<大ヒット映画『クレイジー・リッチ!』で主演した女優コンスタンス・ウーがアジア系俳優のステレオタイプを壊す>

米テレビ界史上、アジア系アメリカ人でエミー賞ドラマ部門の主演女優賞にノミネートされたのはたった1人だ。もちろん、受賞したのもただ1人。それは2018年のことで、BBCアメリカのドラマ『キリング・イブ』主演のサンドラ・オーだ。

映画界でも、アカデミー賞受賞のアジア系俳優は1人だけ。82年の『ガンジー』で主演男優賞を手にしたインド系イギリス人のベン・キングズレーだ。女優では『ダーク・エンジェル』のマール・オベロンが主演女優賞にノミネートされたが、それも80年以上も前の話で、受賞は逃している。

近年でも、主流派作品で主役を張れるアジア系女優は冒頭のオーと、ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソンinNY』などで活躍するルーシー・リューくらい。そこに躍り出たのが、台湾系移民の両親を持ち、バージニア州で生まれ育ったコンスタンス・ウーだ。

rich002.jpg
スターダムを駆け上がったコンスタンス・ウー TIZIANO LUGLI, ©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

ABCのドラマ『フアン家のアメリカ開拓記』で威勢のいい台湾系移民の母親を演じたウーは最近、主演映画『クレイジー・リッチ!』の大ヒットで一気にブレイクしている。同作は93年の『ジョイ・ラック・クラブ』以来初となる、主要俳優が全てアジア系のハリウッド作品。しかも、ワシントン・ポスト紙が指摘したように「全編を通して武術もオタクも登場しない、アジア系についての映画」だ。

どんなアジア系アメリカ人にもしっくりくる映画作りのプレッシャーはすごかった。連続コメディー『オール・アメリカン・ガール』に主演したマーガレット・チョーには、その重荷がよく分かる。94年放映の同作は、アジア系一家が主人公のアメリカ初のテレビ番組だった。

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!