最新記事

ライフスタイル

一人暮らしよりわざわざ他人と暮らしをシェア? イギリスで新しい共同生活が選ばれる理由

2018年10月23日(火)11時03分
冨久岡ナヲ(イギリス在住ジャーナリスト)

共用スペースが充実した物件ばかりだ(写真はイメージです)andresr-iStock

<経済的な理由からのハウスシェアではなくあえて新しいタイプのシェア物件を選ぶ人がイギリスで目立ってきたという>

何人かでマンションや家を借り、キッチンやバスルームを共用する「ハウスシェア」は、日本の都市部でもいまや珍しいことではなくなった。欧米でハウスシェアといえば昔から、大学生や社会人になりたての人たちに利用されてきた住み方だ。

一番の理由はもちろん、家賃を低く抑えられること。長く暮らすことは想定していないので、共用のキッチンの流しに汚れた食器を残して平気な人、朝バスルームを長々と占領する人がいてもなんとか我慢する。収入が上がってきたら早々にシェアをやめて一人専用の物件に引っ越し、さらに持ち家購入を目指すというのがいままでの流れだった。

ところがイギリスでこの状況が変わってきた。収入が上がってもわざわざ共同生活を選ぶという人が目立ってきたのだ。職業はさまざまだが、入居者は20代後半から30代前半のミレニアル世代が圧倒的で年収は現在の為替で400万円〜600万円。建築とデザインのデジタル誌、DeZeenによると、彼らは自分たちの住まい方を従来のハウスシェアではなく「コ・リビング」だと言い、好むのは新しく登場してきた大型のシェア専用物件だ。

たとえば、ロンドンに登場した「コレクティブ」。若い起業家がこんなところに住んでみたいというアイデアを実現した物件だ。とても狭いけれどスタイリッシュな個室は清掃サービス付き。設備の整ったキッチンやランドリーなど共用部分もラグジュアリー仕様で、広々としたリビングルームで仕事する人も多い。

546部屋という大きな建物の中にはジムやスパ、レストラン、シネマルームもある。そして売り物はシェア住民同士が交流できるコミュニティーイベント。専任のプランニングチームがいて、さまざまなイベントやワークショップ、パーティーなどスケジュールは盛りだくさん、毎日何かが起こっている。

やはりこうしたコ・リビングこそ未来の賃貸スタイルという賃貸不動産エージェントが立ち上げた「フィジー・リビング」には、ホテルのようにコンシェルジュが常駐している。

決して安くはないのに選ばれる理由は?

至れり尽くせりなサービス、光熱費やWi-Fi使用料まで込みというこうしたアップマーケットな共生ハウスの家賃は最低でも1カ月1100ポンドから。10月現在の為替で16万円ほどする。ベーシックなハウスシェア家賃の2~3倍だ。同じようなロケーションで1DKのマンションが借りられる額だし、持ち家のローン返済額としても相当な数字だ。それでもなぜこうしたコ・リビングを選ぶのだろうか。

一因は「持ち家志向」の崩壊にあるようだ。イギリス人は伝統的に持ち家にこだわる。以前は働き始めてから10年以内に単身でアパートを購入、結婚してダブルインカムになり子供ができたらより大きな家に買い替えていくのが定番ライフスタイルだった。それが、最近では不動産価格が高騰しすぎてこのルートをあきらめる人が増えている。

ニュース速報

ワールド

米国防長官、韓国に在韓米軍の負担増要求 GSOMI

ビジネス

中国人民銀、最優遇貸出金利を来週引き下げへ 物価高

ワールド

香港司法長官が英国で「暴徒」に襲われる、中国が非難

ビジネス

ユニゾHD、TOB価格5000円への引き上げ含めフ

RANKING

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!