最新記事

結婚

リアルに夫は要らなくなった? 結婚相手に自分を選んだ彼女たちの言い分

2018年10月05日(金)12時10分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

40歳で自分婚したラウラ・メシさん Contenido Digital-YouTubeより

<密かに広がりをみせる「自分婚」。ナルシスト、寂しい人、頭がおかしい......なんて心無い批判に、当事者は何を思うのか>

誰かと結婚するのはもちろん個人の自由だが、近ごろ、ほかの人とではなく、自分自身と結婚を誓う「セルフ・マリッジ」をする女性が欧米で目立ち始めた。

ウェディングドレスを着て写真を撮るという疑似的なものではなく、親友数人の前で自分への生涯の愛を誓ったり、親や友達をたくさん招いて本格的に自分1人のための結婚式を開いたりと、実際に結婚というしきたりに従う。とはいえ、法的には認められていない。それでも、本人たちは既婚者になったと、とても満足気だ。

自分婚したイタリア女性やイギリス女性が話題に

「セルフ・マリッジ」は「ソロガミー」とも呼ばれている。自分と結婚したことで世界のメディアを最近大きく賑わしたのは、イタリアの女性ラウラ・メシさんだ。

2017年9月、40歳で自分婚したメシさんは、70人のゲストを招いて盛大な結婚式を挙げた。筆者はその様子の一部をテレビで見たが、メシさんが自分自身を抱きしめて愛を誓い、母親が「すごく感激しました!」と喜んでいたのが印象的だった。フィットネストレーナーのメシさんは12年つきあっていた男性との関係が終わった38歳のとき、40歳になるまでにパートナーが見つからなければ自分婚すると決めていた。

2014年に自分と結婚したイギリス人の写真家グレイス・ゲルダーさんも、話題になった女性だ。結婚後、少ししてからのゲルダーさんの寄稿を読むと、7年間深い関係の人がいなかった彼女は、あるワークショップに出席したことがきっかけで、自分の価値観、自分の心からの願い、自分が優先したいことについて、はっきりとした取り決めをもつのはいいことだと考えるようになり、結婚に至ったと説明している。

ゲルダーさんの結婚に対して、ツイッターやフェイスブックでネガティブなコメントを書いてくる人も少なからずいたそうだ。自分がしたことはよいと信じているが、彼女なりのやり方がすべての人にとって意味があるわけではないと受け入れることができたという。大事なのは、自分にとって意味があるということだった。

メシさんの結婚にも、ポジティブな意見ばかりが届いたわけではなかった。ナルシストではないか、寂しい人だ、頭がちょっとおかしいのではといったコメントも寄せられたが、メシさんも、「セルフ・マリッジ」は誰にでも向いているわけではないと思うと話している。「ある程度のお金があって、応援してくれる人たちがいて、ちょっとクレージーでなければ、自分と結婚できないわね」とのことだ。

【参考記事】ムスリムに恋をしたら結婚できる? 今さら聞けないイスラム教15の疑問

ニュース速報

ビジネス

独失業者数、10月は前月比-3.5万人 予想以上の

ビジネス

2021-25年に持続的で健全な経済発展を達成-中

ビジネス

パナソニック、テスラ向け新電池の開発着手 事業黒字

ビジネス

風力発電のベスタス、三菱重から合弁株式を取得 自社

RANKING

  • 1

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 4

    社会で必要なのに日本人家庭で教えないスキル

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!