最新記事

出会い

心が疲弊するだけ? 出会い系アプリで本当に幸せになれるのか

2018年09月12日(水)18時30分
吉野潤子

なんだかネガティブなことばかりがクローズアップされる出会い系サービスだが、中にはサービスがきっかけで幸せな結婚をした人もいるのでは? これについては、米ワシントン・ポスト紙の取材の中でセールスも言及している。

セールスは、「(結婚に至ることが)皆無とは言っていませんよ。我々は、ヒンジ(Hinge)で出会ったカップルの結婚式にも行きましたし(しかし、番組内容には入っていない)。でも、私が(花嫁に)インタビューした時、結婚した彼女でさえ出会い系アプリについては文句を言っていましたし、どれだけ過酷だったかを語っていました」と語った。

この花嫁は、「自分はたまたまラッキーだっただけ」と言っていたそうだ。出会い系サービスで出会って結婚した人はただ宝くじに当たったようなものであって、決してそれがスタンダードという訳ではないそうだ。

削られる自尊心......魅力に自信が持てなくなってくる

出会い系サービスを利用しているうちに、自分の容姿や性的魅力に自信が持てなくなり落ち込む人も増えているようだ。米国のノーステキサス大学の研究者らが2016年に発表した研究結果によると、ティンダーの利用者は非利用者と比べて自己肯定感が低くなり自分の容姿に満足できなくなるリスクが高いという。

そして、この傾向は男女でそこまで大きな違いがないことが明らかになった。膨大な量の写真をスワイプして選ぶとなると、男女問わず見た目だけで判断される確率が高くなるのは当たり前だ。容姿だけで「ナシ」と判断されて傷つくのは、男性も女性も一緒だ。

英BBCの9月7日付の記事でも、出会い系アプリで自尊心を削られメンタルヘルスに悪影響を受けた利用者たちの生の声を取材した。取材に対し、行動心理学者でデーティングコーチのジョー・ヘミングスは、拒絶され続けると「自分には価値がないという考えが形成される」として、出会い系サービスの使いすぎに警鐘を鳴らしている。

膨大な写真をスワイプして「品定め」をする作業は、まるでネット通販を利用するようだ。前述のワシントン・ポスト紙のインタビューの中で、セールスは「セレンディピティ(偶然の素敵な出会い)によるロマンスというものが失われてしまった」と嘆いていた。

というか、素敵なロマンスがなかなか日常に転がっていないから皆仕方なくアプリを利用しているのでは......?という疑問もある。いずれにしてもこの時代の流れは止められそうになさそうだ。

【参考記事】出会い系サイトのアプローチは博打に似ている――本能的な好みの「真実」と現実世界のズレ

ニュース速報

ビジネス

米政府の中小企業支援策、投資銀行に多額の融資承認

ビジネス

日経平均は反落、利益確定売り ソフトバンクGはしっ

ワールド

家賃支援給付金、14日から申請受付開始=梶山経産相

ワールド

ケニア、コロナ規制を段階的に緩和 状況次第で再封鎖

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!