最新記事

サイエンス

果敢に挑戦するマインドは猫のお陰?「猫と起業家」の興味深い関係とは

2018年07月31日(火)13時50分
松岡由希子

猫と暮らすことが起業と関係している? Savushkin-iStock

<猫の寄生虫であるトキソプラズマに感染した人は起業志向が高まるという研究論文が話題を呼んでいる>

アップルのスティーブ・ジョブス、マイクロソフトのビル・ゲイツ、グーグルのラリー・ペイジ、テスラのイーロン・マスクら、前例のないことにも果敢に挑戦し、新しい事業を創り出す起業家には、いったいどのような特性があるのだろうか。

米コロラド大学ボルダー校の研究プロジェクトは、2018年7月25日、英学術専門誌「英国王立協会紀要」において、「トキソプラズマに感染している人は起業志向がより強い」というユニークな研究論文を発表し、話題を呼んでいる。

猫に接していれば...ヒトも20億人以上が感染

トキソプラズマは哺乳類や鳥類に寄生する寄生性原生生物のひとつ。主に猫の糞の寄生虫として知られている。加熱が不十分な食肉や、猫の糞が混入した食品を経口摂取することでヒトにも感染し、2006年時点で世界人口の3割から5割にあたる20億人から30億人がこれに感染していると推定されている。

研究プロジェクトが実施した調査によると、大学生1495名のうち、唾液検査によってトキソプラズマへの感染が確認された学生は、経営学を専攻する傾向が1.4倍高く、とりわけ経営管理や起業家精神を専門分野に選ぶ傾向が1.7倍も高かった。また、社会人197名においても、トキソプラズマに感染している人は、そうでない人に比べて起業する傾向が1.8倍高かった。

さらに、研究プロジェクトでは、トキソプラズマの感染に関する国別データと起業の実態をグローバルに調査する「グローバル・アントレプレナーシップ・モニター(GEM)」の結果データとを組み合わせ、世界42カ国について過去25年間にさかのぼって分析した。その結果、国レベルでも、トキソプラズマ感染の有病率が高いほど、起業活動や起業志向を高める傾向にあることがわかった。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

ワールド

米国務省、感染広がる日韓への渡航警戒レベルを引き上

ワールド

新型ウイルス、日本への懸念の声なかった=G20で麻

ワールド

米国務省、感染広がる日韓への渡航警戒レベルを引き上

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

  • 4

    女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!