最新記事

結婚

ナルシストは危険信号 浮気がちな7つのパーソナリティを精神科医が指摘

2018年6月25日(月)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真はイメージです martin-dm-iStock


<浮気経験のある女性の3分の1以上、男性では半数以上が、恋人/配偶者に不満を持っているわけではないのに浮気をしたという調査結果も...>

結婚したカップルの40%が浮気の問題に直面している── FOXニュースによると、アメリカでこれだけ多くのカップルがどちらか、または双方の浮気行為のせいで良くない影響を受けている。一部の専門家はその原因を、近代急速に発達したインターネットの功罪による部分が大きいとしているが、精神科医のケネス・ポール・ローゼンバーグは20年以上にわたる研究を経て、その原因を解き明かした。

まず、彼は著書『Infidelity: Why Men and Women Cheat』のなかで、浮気に結びつく3つの大きな要因をこうまとめている。

脳:神経構造

心理:性/ロマンスを捉え方に影響を与えた成長過程の環境

文化:セックス、愛、浮気に関して世間が持つイメージ

浮気を促す「3つのA」とは

ローゼンバーグの研究によると、浮気をする人としない人では、脳内化学物質が生物学的に違うそうだ。そしてこの差が、浮気の原因の約50%を占めるらしい。

環境上の最も大きな原因になるのが、浮気が実際問題できるかどうか、ということ。簡単であればあるほど、浮気に走る可能性が高くなる。浮気は不誠実な人だけがするものではない。条件が揃えば、真面目な人でもいとも簡単に浮気をする。

その条件を、専門家は"3つのA"と呼ぶ。Affordable(費用面をクリアし)、Accessible(相手がいて)、Anonymous(バレなければ)という条件が揃えば、浮気をする可能性が高くなる。

浮気する者はこう思っている。自分には浮気をする権利がある、もしくは自分には浮気をする価値がある。

浮気型かチェックポイント

以下の7タイプの性格の持ち主が、この思考回路を生み出しやすいらしい。

1.ナルシスト:自分を特別と思っていて、自分最優先

2.共感力に欠ける:相手の立場にたって考えることができない

3.自信家 :自分の能力、特に性的能力を過大評価していて、セックスが上手と思われたい

4.直感型:決断力があり、大事なことにも長く時間を割かない

5.ミーハーもしくはスリル好き

6.元々、恋人・夫婦という関係に向いていない、責任のある関係を望んでいない

7.自傷型もしくはマゾ

浮気は誰でもする可能性がある

ローゼンバーグのもとには、浮気に苦しむ多くの患者が訪れるという。彼らは、さまざまなバックグラウンドを抱えている。性癖だけでなく、年齢や宗教、人種、社会的立場も異なる。

サイバーセックスやインターネットポルノ、初デートでのセックス、そしてセックスフレンドの存在が当たり前のミレニアル世代もいれば、ミドルエイジ・クライシスの真っ只中で、性欲の衰退やそもそも生活全般においてやる気を失いかけている男女もいる。

年配者も例外ではない。医療の発展によって、かつてないほど長く健康的な生活を送り、性欲が衰えていないのだ。

厚い信仰心を持ちながら浮気する人もいれば、配偶者に満足しているにもかかわらず浮気をする人もいる(浮気経験のある女性の3分の1以上、男性では半数以上が、恋人/配偶者に不満を持っているわけではないのに浮気をしたという調査結果がある)。

そう、浮気は誰でもする可能性があるのだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中