プレスリリース

世界で最も急成長※1するスマートデバイスブランド『realme』が日本上陸、第一弾として、ワイヤレスイヤホンとスマートウォッチの5製品を発売

2021年04月08日(木)11時00分
realme
4月15日(木)より順次販売開始

「若者と一緒に歩んでいくブランド」というスローガンを掲げ、世界で急成長を続けるスマートデバイスブランドrealmeは、2021年4月、日本に初上陸します。それに、日本でのブランドローンチに伴い、5機種のIoT製品を4月15日より順次販売開始します。 ※1 Counterpoint社2020年Q2調べ





realmeの軌跡

realmeは2018年8月28日に正式に設立されました。設立以来、常に「過去を超え続けること」をブランドのDNAとし、製品の性能、デザイン、品質、サービスの面で妥協のない向上に取り組んできました。
2020年の初めに、realmeは「スマートフォン+IoT」という戦略的エコシステムを発表。2020年11月には世界で5,000万台のスマートフォン販売を達成。※2最も急成長しているスマートフォンブランドに選ばれました。
2021年4月現在、realmeは、アジア、ヨーロッパ、オセアニア、中・東アフリカなど、世界61の国や地域に進出しています。
※2 Counterpoint 「2020年第3四半期のスマートフォン出荷レポート」調べ


日本上陸にあたって

今回、realmeは新たに62番目の市場として日本に参入します。日本市場における製品展開の第一弾としてスマートウォッチやワイヤレスイヤホン、生活家電などのIoT製品を投入します。
realmeは2020年初頭にIoT領域に本格参入して以降、5GとIoTを戦略上では重要な2つの柱に据えています。生まれながらにITが身の回りにあり、デジタルを中心に文化、社会のトレンドの新基準を生み出すデジタルネティブ世代が求める品質・デザイン、価格帯の両立を実現する商品づくりと「Dare to Leap」というブランドの姿勢で、日本市場においても選択肢の第一位になることを目指します。
日本上陸に伴い、realme日本法人、シンガ・ジャパン株式会社 取締役社長 賀 梦瀟(カ モンショウ)氏は以下のようにコメントしています。
『realmeは「若者と一緒に歩んでいく」ブランドを目指し、価格帯以上の製品体験(体験or価値)をグローバルのお客様に提供してきました。
この度の日本参入に際して、皆さまと親交が深まることを願い、個性豊かなデバイスを発表いたしました。ブランドとしてさらに成長していくために、日本の皆さまの「声」から多くのこと学びたいと考えておりますので、是非ともご意見をお聞かせください。
皆さまがさらにワクワクするようなスマートデバイスを提供するように邁進して参ります。』


「Dare to Leap」のDNA

Dare=勢いよく、躊躇なく。Leap=飛び越える。
「若い人の持つ無限の可能性を応援し、勇気と自信も持って共に歩んでいく。」をブランドスローガン「Dare to Leap」に凝縮させ、realmeは若者向けのオールラウンドな優れた体験を提供する製品を作ります。


【Dare to Leap】の精神

●性能=ハイエンド級の技術:ハイエンドモデルの技術(高性能ノイズキャンセリング、急速充電、)が各価格帯で初めて適用され、その価格帯で最も競争力のある製品を提供しています。
●デザイン=流行をリードする:「True Design」をコンセプトに、デザインの流行をリードし、デザイン性の高いスマートフォン、IoT、UI、周辺機器を若者に提供しています。
●品質=グローバル企業が可能にする高品質:価格帯を超えた品質管理を提供し、国際的な一流のコンポーネントサプライヤーと製品を製造しています。
こうして、「Dare to Leap」という理念をrealme のDNAに定着し、realmeは消費者が求めやすい価格帯で、先進的なアプリケーションで「新しい技術」、「新しい機能」、「新しい体験」をお客様に提供します。


発売予定の製品

realme Buds Air Pro
realme Buds Air Proは、業界トップクラスの最大35dBのノイズキャンセリングを搭載。その優れたノイズリダクション性能は、外部音を一気に遮断し、音だけに集中できる環境を作り出します。
内蔵している10mmダイナミックドライバーにより、高音域が優れているため、耳の中にクリアな高音が澄み渡ります。
そして、急速充電対応や最大25時間再生が可能で、ユーザーが思う存分に音楽を楽しめることを実現しました。


realme Buds Q
realme Buds Qは、「ワイヤレスを、かっこよく」をコンセプトにしたモデルです。
エルメスのデザインを手掛けるジョゼ・レヴィ氏が半年以上の年月をかけて制作したCobble(川辺の丸石)デザインで、「流行」、「自然」の要素を取り入れ、芸術品のような造形を実現させたと同時に、イヤホンの片耳を約3.6gと超軽量化し、快適な装着感も両立させました。
小さな筐体の中に、10mmダイナミックドライバーを内蔵し、AACコーティング対応のrealme Buds Qは音質にもこだわり、奥行きの深い低音をチューニングしました。
充電完了時から最大20時間の連続再生が可能です。これは毎日3時間使用したとしても、週一回の充電で十分な再生時間です。


realme Buds Wireless Pro
realme Buds Wireless Proは重厚感のある低音と長時間の使用にこだわったワイヤレスイヤホンです。13.6mm大口径のダイナミックドライバーを搭載し、LDACコーティングに対応することによって、realme Buds Wireless Proは高音域から低音域までクリア、かつ迫力のあるサウンドをお届けします。高音質に加えて、最大35dBのノイズキャンセリング性能で、より没入感のある音楽体験を実現します。約33gの軽量デザインと22時間の持続するバッテリーなので、長時間使いたい方にお勧めです。




realme Watch S
realme Watch Sは、健康管理をサポートする様々な機能が搭載されています。現代社会において、重要な健康指標となる血中酸素レベル測定※3ができるようになっています。 また、16種のスポーツモードに対応し、屋内外のワークアウトの成果を記録します。realme Watch Sは最長15日間使用可能なバッテリーを内蔵しているため、出張や旅行先でも充電を気にせずお使いいただけます。
※3本製品は医療機器ではありません。病気の診断、治療、予防の目的に対してのご使用はできません。


realme Power Bank 2
realme 20000mAh Power Bank 2は、20,000mAhの超大容量バッテリー、多彩な充電方式、最大三つのデバイスに充電可能など、モバイルバッテリーとしてあらゆる場面で活躍する製品です。また、14層の回路保護によって、安心してご使用いただけます。


2021年4月15日発売予定
realme Buds Air Pro メーカー希望小売価格: 12,545円(税別)/ 13,800円(税込)
realme Buds Q     メーカー希望小売価格: 3,164円(税別)/ 3,480円(税込)
realme Watch S  メーカー希望小売価格: 10,727円(税別)/ 11,800円(税込)

2021年5月以降発売予定
realme Buds Wireless Pro       メーカー希望小売価格: 9,072円(税別)/ 9,980円(税込)
realme 20000mAh Power Bank 2 メーカー希望小売価格: 4,527円(税別)/ 4,980円(税込)

「realme」取り扱い店
realme公式楽天市場店他、下記のECサイトで販売いたします。




realmeについて



realmeは、Sky Liが2018年8月28日に正式に設立したテクノロジーブランドです。世界の若者のニーズを的確に捉え、グローバル市場を急速に開拓し、販売記録を更新するなど、大胆な発想先見性を持っています。また、若者が中心となって運営しているブランドで、海外では目覚ましい成果を上げています。
Counterpointが発表した2020年第3四半期の世界スマートフォン出荷統計によると、 realmeの世界スマートフォン販売台数は5,000万台を突破し、世界最速で5,000万台を達成したスマートフォンブランドとなっています。IoTカテゴリーでは、2020年8月の販売台数をベースに全世界で100万台を突破しています。
realmeは若者向けのオールラウンドな優れた体験を持った製品を作り続け、スマートフォンとIoTの先端技術の優れた応用を通して、 realmeは消費者が求めやすい価格帯で、先進的なアプリケーションで「新しい技術」、「新しい機能」、「新しい体験」を消費者に提供します。

公式WEBサイト: https://www.realme.com/jp/
Twitter: https://twitter.com/realme_japan
Facebook: https://www.facebook.com/realmeJP
Instagram: https://www.instagram.com/realmejapan/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

イラン、ウラン濃縮60%に引き上げへ 来週にも開始

ワールド

東京五輪まで100日、難しいコロナ対策 暑さとの両

ビジネス

クレディ・スイス、アルケゴス絡みのブロック取引提示

ビジネス

ファイザー、5月末までに米へのワクチン供給10%拡

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中