プレスリリース

春の本格的な花粉飛散期を前に『重症花粉症』の啓発を開始

2020年02月14日(金)17時00分
ノバルティス ファーマ株式会社
女優の“川口春奈さん”が“啓発アンバサダー”に就任。2月15日から放映開始するテレビCMにメインキャラクターで出演


ノバルティス ファーマ株式会社(代表取締役社長:綱場 一成)は、春の本格的な花粉の飛散期を前に、「重症花粉症」の啓発を2月15日から開始します。啓発アンバサダーには、女優の川口春奈さんを起用し、2月20日(木)にはベルサール秋葉原で就任イベントを実施いたします。

花粉症には症状の程度があり、重症度に応じた対応が必要です。そこで、重い症状に悩む患者さんに自らの重症度に考えるきっかけを提供するため、2020年2月15日より、自らも花粉症に悩みSNS等でその辛さを訴え、多くの反響を得ている川口春奈さんをメインキャラクターに起用したテレビCMの放映を一部の地域で開始する他、タクシーのデジタルサイネージや病院内に掲示するポスターなど、各種メディアを通して、啓発活動を展開します。

また、重症花粉症の情報に特化したWEBサイト「重症花粉症ドットコム」※開設し、花粉症に悩む人に花粉症には重症度があり、それぞれに応じた治療法があることをお伝えしてまいります。
https://secure.novartis.co.jp/kafun_kyousei/               



「重症花粉症」啓発キャンペーンメインビジュアル

「重症花粉症」啓発キャンペーン概要

【背景】
いまや日本人の「国民病」にもなっている花粉症。1960年代以来、ブタクサ、次いでスギ、イネ科の花粉症などの報告がされており、年々増加傾向にあります[1]。

花粉症の有病率について、全国的な調査としては、全国の耳鼻咽喉科医とその家族を対象とした2008年(1月~4月)の鼻アレルギーの全国疫学調査があります[2]。それによるとアレルギー性鼻炎全体の有病率は39.4%であり、花粉症全体の有病率は29.8%、そしてスギ花粉症の有病率は26.5%でした。1998年に行われた同様の調査の数字と比較すると、スギ花粉症の有病率は10年間でおよそ10ポイント増加していました。

そのスギ花粉症患者の約7割が重症以上の患者さんという調査結果[3]もあります。弊社が11月に全国47都道府県の花粉症患者9400人を対象に行った調査でも、治療ガイドラインが定義する1日にくしゃみをする回数が11回以上、1日に鼻をかむ回数が11回以上、1日中鼻づまりのどれか一つに当てはまる、重症花粉症の該当者がほぼ半数を占めました。

重症花粉症の場合、鼻症状、眼症状に加え、全身倦怠感や頭重感など全身症状を引き起こすことがあります。これらの症状やそれに伴うQOLの低下が患者の労働生産性の低下を引き起こすことは明らかにされており、鼻症状や眼症状が職場の事故や欠勤に繋がっているとの報告もあります[4]。

そこで、対処に向けた第一歩として、「重症花粉症かも」というメッセージで花粉症には重症度があることに気づくきっかけをお届けしたいと考え、啓発キャンペーンを展開しております。


環境省・花粉症環境保健マニュアル、2014
馬場廣太郎、中江公裕:鼻アレルギーの全国疫学調査2008(1998年との比較)-耳鼻咽喉科医とその家族を対象にして-Progress in Medicine 28(8):145-156.2008)
今野昭義 他.prog.Med.28,2008
南由優ほか: 日鼻誌. 9(4), 481, 2010



【内容】

1. テレビCM放映


花粉症は個々人により重症度が異なり、患者さん一人一人に合った治療が重要であることについて、自らも花粉症治療を経験している川口春奈さんが訴えるCMを一部の地域で放映します。


2. 新聞・WEB・タクシーサイネージ動画における広告展開


新聞・WEBにて川口春奈さんが重症花粉症を啓発する広告を2月1日より順次掲載していきます。


3. WEBサイト「重症花粉症ドットコム」での重症花粉症を啓発する映像の放映


花粉症の状況についてお話いただいた川口春奈さんのインタビューや30秒のCMを「重症花粉症ドットコム」(https://secure.novartis.co.jp/kafun_kyousei/)上で、動画として配信します。


4. 川口春奈『重症花粉症対策アンバサダー』就任イベント


5. 医療機関へのポスターの掲示


重症花粉症啓発ポスターを制作し、全国の医療機関に掲示を依頼。一般の方々に対しても花粉症の 重症度における正しい治療方法への理解促進と認知向上をはかっていきます。



川口春奈さん プロフィール

1995年生まれの女優、モデル。
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中。
長年、重い花粉症に悩んでおり、公式Instagramに花粉症でつらそうな顔をアップし、話題になりました。

ノバルティス ファーマ株式会社について
ノバルティス ファーマ株式会社は、スイス・バーゼル市に本拠を置く医薬品のグローバルリーディングカンパニー、ノバルティスの日本法人です。ノバルティスは、より充実したすこやかな毎日のために、 これからの医薬品と医療の未来を描いています。ノバルティスは世界で約13万人の社員を擁しており、8億人以上の患者さんに製品が届けられています。ノバルティス ファーマの詳細はホームページをご覧ください。
https://www.novartis.co.jp

参考資料
https://prtimes.jp/a/?f=d40583-20200217-8454.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

アングル:1942年の日本軍ダーウィン奇襲 静かに

ワールド

焦点:ベイルート大爆発の謎、硝酸アンモニウムは「所

ワールド

アングル:聖域「王室」にも、タブーに挑むタイ若者の

ビジネス

米アップル、iOSアプリ手数料減免を拒否=FB

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 8

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!