プレスリリース

ゲラン、養蜂活動においてユネスコとのパートナーシップを発表 ー日本では、在来種である“ニホンミツバチ”の保護活動を支援ー

2019年10月24日(木)13時11分
ゲラン株式会社
ゲラン株式会社は、 「社会の持続的発展」のための様々な取組みを紹介するサステナビリティ イベント「SUSTAINABILITY AT THE HEART OF GUERLAIN」を、10月23日(水)に東京都内で開催しました。 当日は、フランス本社からローラン・ボワロ社長とサステナビリティ開発担当ディレクターのサンドリーヌ・ソメールが来日し、ゲランの目標とユネスコとの新たなパートナーシップについて発表いたしました。


           


                  


<フランス本社社長 ローラン・ボワロ>

ゲランは、2007年からサステナブルの取り組みへのコミットメント「IN THE NAME OF BEAUTY-美の名において」をメゾンのビジネス戦略の要として位置づけています。登壇したローラン・ボワロ社長は、次のようにメッセージを発信しました。

「2019年、サステナブルにおけるコミットメントにおいて目標“ゲランの誓い”を明文化しました。(※後述)
この12年間ゲランは、主に4つの取組み“生物多様性の保全”、“エコデザイン”、”気候変動の対策、“社会的責任”において活動をしてまいりました。その中でも、生物多様性の保全であるミツバチの保護は活動の大きな軸となっています。」


続いて、サステナビリティ開発担当ディレクターのサンドリーヌ・ソメールからは、ゲランの取組みについて紹介しました。

「ゲランにとってミツバチはメゾンのシンボルですが、ミツバチはその価値に留まらず、ポリネーター“花粉媒介者”としての役割を担い、植物や作物の生産に欠かせない生物です。しかし、今ミツバチは世界的に減少していることが問題となっています。今までもミツバチの保護と理解のため、多くの活動を実施してまいりました。新たに、今年10月ユネスコと養蜂活動において5ヵ年のパートナーシップを結ぶことになりました。この活動の目的は世界中の養蜂家を育成・支援することであり、まずはユネスコの生物圏保護区において活動を開始します。」

なお、日本でもこの活動を支援するために、代表取締役社長 木村からは日本の在来種である“ニホンミツバチ”をはじめとするミツバチの保護活動の開始を発表しました。当日は、日本在来種みつばちの会の会長 藤原誠太氏に登壇頂き、日本の自然を守るに欠かせないニホンミツバチ保護の有用性について語って頂きました。

日本においてゲランは今後、ハチ由来成分の治癒力に着目したエイジングケアシリーズ「アベイユ ロイヤル」の売上げの一部を“ニホンミツバチ”をはじめとするミツバチの保護活動に寄付。まずは、ミツバチの大切さを学んで頂くための活動として、フランス本社が2018年から行っている「BEE SCHOOL(ハチの学校)」の活動に紐づいた啓蒙活動を日本の養蜂家の皆さんと協働して2020年から開始します。



左から:ゲラン代表取締役社長 木村美也子、サンドリーヌ・ソメール 本社サステナビリティー役員、
ローラン・ボワロ本社社長、藤原誠太さん(日本在来種みつばちの会)、藤原愛弓さん(宮城学院女子大学 生活環境科学研究所 ミツバチ科学研究部門)


アベイユロイヤルとは




手つかずの自然に溢れるフランス・ウェッサン島。この島にのみ生息する稀少種“黒ミツバチ”が
生み出す高純度のハチミツは、肌のハリや弾力を高めるとされる栄養素を豊富に含みます。
ゲランは、この厳選されたハチミツに美しさへの可能性を見出し、独自のテクノロジーを融合して
開発されたスキンケア ラインです。



IN THE NAME OF BEAUTY “美の名において” — ゲランの誓い




ゲランは1828年の創業以来、天然素材を用いたフレグランスや
自然の恵みを取り入れた化粧品を、世に送り出してきました。
私たちゲランには、これらの製品を通して培われてきた「美の軌跡」を
将来に亘り、人々に提供し続ける使命があります。

私たちのお客様にもたらされる美、
次世代に引き継がれるべきクリエイションの美、
そして、それらを生みだす地球の美のために。
私たちゲランは“美の名において”、


志を同じくする全ての方々とともに歩みながら
さらに美しく、未来に対して責任を果たすことのできる社会と
地球環境の実現に向けて取り組むことを、ここに誓います。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

G7、サイバー犯罪でロシアに行動求める

ワールド

情報BOX:G7サミット、中国問題や気候変動対策な

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中