プレスリリース

開業70周年特別企画 中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来!

2024年05月20日(月)16時45分
中部電力 MIRAI TOWER(所在地:名古屋市中区、運営:名古屋テレビ塔株式会社)が今年6月20日をもちまして開業70周年を迎えることになりました。
本日は開業70周年事業について、その概要と同じく70周年を迎えますゴジラと期間限定のタイアップイベントであります「中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来!」について発表をさせていただきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/395271/LL_img_395271_1.jpg
メインビジュアル(縦)

中部電力 MIRAI TOWERは、1954年(昭和29年)日本初の集約電波鉄塔(展望台付)として完成。その後に続く全国のタワーの先駆けとして知られ、2011年(平成23年)にテレビの集約電波鉄塔としての役割を終えた現在も、地域のシンボルとして歴史・文化や賑わいの発信拠点となってまいりました。
2021年には、中部電力株式会社(本社:名古屋市東区)と地域共生活動のパートナー関係を結び、名称を「中部電力 MIRAI TOWER」に変更。2022年には全国のタワーとして初めて国の重要文化財に指定されました。

これまでの70年間の歴史に学び、皆さまへの感謝をあらわすとともに、未来に続く新たなスタートとして、地域のシンボルとしての役割を一層果たしていく所存でございます。

6月20日から開催しますイベント期間中は、中部電力 MIRAI TOWERの南側に広がるHisaya-odori Parkミズベヒロバにゴジラが出現したり、展望台に名古屋の街とゴジラの70年の歩みを重ねながら楽しめるARが登場するなど、さまざまな企画を用意しています。また、記念に残る限定コラボグッズの販売を予定しています。

5月17日に開催した記者会見には名古屋テレビ塔株式会社 代表取締役社長 大澤 和宏と東宝株式会社 ライツ事業部 ゴジラルーム ライセンスグループ 田渕 恭兵さんが登壇しました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/395271/LL_img_395271_7.jpg
記者会見の様子

多くの皆さまに名古屋・栄に足を運んでいただき、街の回遊とともに中部電力 MIRAI TOWERの70周年事業を盛り上げていきます。


■開業70周年特別企画「中部電力 MIRAI TOWERにゴジラ襲来!」概要
日時 : 2024年6月20日(木)~9月23日(月・振)
会場 : 中部電力 MIRAI TOWER、Hisaya-odori Park
主催 : 中部電力 MIRAI TOWER
協力 : 三井不動産株式会社 名古屋学院大学 名古屋鉄道株式会社
企画 : 株式会社win*key
公式サイト: https://www.nagoya-tv-tower.co.jp/ (最新情報順次公開)
※期間中さまざまな企画をご用意しています。企画ごとに実施期間が異なりますので、詳細は公式HPをご確認ください。


■Hisaya-odori Parkのミズベヒロバにゴジラが出現!
「中部電力 MIRAI TOWER 開業70周年を記念して、同じく70周年を迎えるゴジラが出現!」―。
そんなストーリーを携え、Hisaya-odori Parkのミズベヒロバにゴジラが出現します。水面から覗くゴジラの顔は迫力満点です。本タワーを背景に、写真撮影スポットとしてもお楽しみいただけます。

【設置期間】6月20日(木)~
※撤去日未定
タイアップ企画、続々登場!(第一弾)
ミズベヒロバのゴジラを筆頭に、さまざまな企画をご用意しています。

◆「ゴジラと中部電力 MIRAI TOWER ARで振り返る70年」
名古屋学院大学のチームがARを制作。名古屋の街を見守ってきた中部電力 MIRAI TOWERの展望台で、名古屋の街とゴジラの軌跡を重ね合わせながら70年を振り返る...特別な体験をすることができます。
※6月20日(木)スタート予定

◆展望台へご入場のお客様に先着でオリジナルノベルティプレゼント
期間中、展望台にご入場いただいたお客様に、先着でオリジナルノベルティをプレゼント。本企画オリジナルデザインです。
※6月20日(木)スタート予定

◆特別パネル展示「中部電力 MIRAI TOWERとゴジラ、70年の軌跡」
両者70年の歩みを、視覚的にお楽しみいただけるダイナミックなパネル展示をおこないます。フォトスポットもご用意しています。
【展示場所】中部電力 MIRAI TOWER 3階 特設会場
※6月20日(木)スタート予定

◆ゴジラの視界を体感できる屋外階段
中部電力 MIRAI TOWERの地上から展望台まで続く、スリル満点の屋外階段。ここに、作品毎に大きさの異なるゴジラの目線シールを設置します。毎週土曜日・日曜日・祝日に利用可能なこの階段を登って、ぜひ、リアルなゴジラの視界を体感してみてください。
※6月22日(土)スタート予定

◆オリジナルグッズ
オリジナルTシャツや、記念メダルなどオリジナルグッズを展開。ぜひ、中部電力 MIRAI TOWER3階のショップでお手にとってお楽しみください。
※グッズ種類等、詳細は後日公式サイトにて発表予定


【中部電力 MIRAI TOWERとゴジラ過去作の接点】
・『モスラ対ゴジラ』(1964)
ゴジラの尻尾がタワーの下部に引っ掛かり、そのまま転倒してタワーを倒壊させます。
・『ゴジラVSモスラ』(1992)
バトラが自衛隊、メーサー戦車との交戦中にタワーを倒壊させます。
・『モスラ3 キングギドラ来襲』(1998)
キングギドラが、序盤のシーンで名古屋を訪れ、JRのビルを破壊した後、タワーも真っ二つに折っています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日銀総裁、7月の利上げ「十分あり得る」 買入減額の

ワールド

原油先物は小幅安、需要見通しに慎重

ワールド

インド政府が所得減税検討、一定以上の年収対象=関係

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田会長など取締役10人を選任 株
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中