プレスリリース

お口のエチケットや全身の健康管理にも役立つ「舌ブラシW-1」を使った舌ケアを!舌ブラシW-1の効用について公式HPに公開

2024年04月25日(木)14時00分
舌ブラシのSHIKIEN株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役:田中 克弥)は、舌専用アイテム「舌ブラシ」の効用について、当社HPで公開しています。
口腔内の悩みには、「むし歯」や「歯周病」など健康に関わるものから、「歯並び」「歯の着色」といった美容的な悩み、そして「口臭」があります。むし歯や歯並び、着色などは"歯"をケアしますが、口臭の主な原因は"舌"にあると言われており、"舌"のケアが必要です。また、お口の中を調理器具に例えると、歯は"包丁"で、舌は"まな板"であると考えます。いくら包丁をキレイにしても、まな板も洗わなければ不衛生ですよね?お口のケアも、歯(包丁)磨きにプラスして舌(まな板)を磨く、「舌ブラシ」を使った舌磨きの習慣を提案いたします。

SHIKIEN公式HP: https://w-1-shikien.co.jp/wp-content/uploads/NewLetter_06.pdf

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/392745/LL_img_392745_1.jpg
イメージ画像1

■舌の汚れ"舌苔"を放置すると、口臭や様々な健康トラブルを招く!?
お口を開けて、鏡で舌を見てみましょう。舌の上に白っぽい苔のようなものがついていませんか?それは、舌苔(ぜったい)という細菌のかたまりです。口臭のほとんどが、この舌表面の汚れである舌苔が原因となって引き起こされていると言われています。
舌苔が増える主な原因は、口腔内のケアが行き届かず不衛生な状態になることや、ストレスや口呼吸、ドライマウスによるお口の乾燥などがあります。舌苔が増えるということは、お口の中の細菌が増えるということ。
溜まった舌苔を取り除くケアをしないと口腔内の状態が悪化し、口臭をはじめ歯周病の原因にもなり、さらには誤嚥性肺炎などの全身疾患や免疫機能低下による感染症のリスクが高まるなど、様々なトラブルの要因になることもあります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/392745/LL_img_392745_2.jpg
イメージ画像2

■「舌ブラシW-1」を使用した舌磨きで、健康的な毎日を!
舌苔を適切に除去して口腔内を良好な状態に保つことで、口臭を減らすことができるほか、免疫力を維持するので様々な疾患予防につながります。また、舌表面をキレイにすることで食べ物の味が感じやすくなり、食事もより美味しく楽しめるようになります。口臭予防や全身の健康管理にも役立つ、舌専用アイテム「舌ブラシW-1」を使用した舌磨きをご家族そろって日常の健康習慣に取り入れて、健やかで快適な毎日をお過ごしください。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/392745/LL_img_392745_3.jpg
イメージ画像3

<使用方法>
1) スムーザーに水を付け、舌に当て、なでる様に、優しくみがきます。
2) スムーザーの凸面で舌の中心の反った部分をみがき、
3) 凹面で舌の脇や膨らんだ部分をみがきます。
※ハンドル部に3つの点(∴)がある面が凹面です。
4) 軽く流水で洗い流しながら、数回繰り返します。
※スムーザーに絡め取った汚れが目で見えます。
※数回みがき、スムーザーに汚れが付かなくなったらみがき終わりの目安です。
5) ご使用後は流水で汚れを洗い流し、
6) 湿気の少ない涼しい所に保管してください。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/392745/LL_img_392745_4.jpg
イメージ画像4

【ソフトな素材にこだわり、実証実験に基づいて開発されたSHIKIENの舌ブラシ】
<主な商品紹介>
■舌みがきスムーザーW-1 PREMIUM
全4色 希望小売価格 各638円(税込)
・大人用の舌ブラシです。
・特殊加工された極細ナイロン繊維が片面に約8,000本!
・フック形状の極細ナイロン繊維が舌乳頭の間にあらゆる角度で入り込み舌苔を絡め取ります。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/392745/LL_img_392745_5.jpg
舌みがきスムーザーW-1 PREMIUM

子ども用
■舌みがきスムーザーW-1 PREMIUM for Kids
全2色 希望小売価格 各638円(税込)
・ハンドル部に柔らかな樹脂素材を使用しており、お子様でも安心安全に使用できます。
・W-1シリーズ中でも舌に優しく舌触りが気持ち良い舌ブラシです。
・フック形状の極細ナイロン繊維が舌乳頭の間にあらゆる角度で入り込み舌苔を絡め取ります。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/392745/LL_img_392745_6.jpg
舌みがきスムーザーW-1 PREMIUM for Kids

※SHIKIENの全商品に関しましては、以下「SHIKIENオンラインショップ」にてご確認ください。
URL: https://store.w-1-shikien.co.jp/


<商品特長>
・舌を傷つけず、やさしくなでるだけで舌の汚れを絡め取ります。
・流水で落ちやすいフック状繊維で、お手入れも簡単で衛生的です。


【会社概要】
会社名 : SHIKIEN株式会社
所在地 : 〒956-0057 新潟県新潟市秋葉区新津四ツ興野1735
TEL : 0250-23-0141
代表 : 田中 克弥
業務内容: 舌ブラシの製造販売
HP : https://w-1-shikien.co.jp/company/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中