プレスリリース

元「鉄欠乏女子(テケジョ)」の菓子職人が医師監修のもと鉄に着目した「テケジョスイーツ」を開発 9月26日より自社ウェブサイトにて販売開始!

2023年09月25日(月)15時30分
菓子の製造販売を行う、お菓子のふじい(株式会社ふじ井 所在地:北海道虻田郡倶知安町北一条西3丁目4番地、代表取締役:藤井 千晶)は、日本栄養精神医学研究会 会長・栄養専門精神科医の奥平 智之医師監修による鉄に着目した菓子シリーズ「テケジョスイーツ」を、2023年9月26日より自社ウェブサイトにて販売開始します。

「テケジョスイーツ」公式自社サイト: https://sweets-fujii.shop/
(9月26日午前6時より商品を掲載予定のため、現在商品掲載はしておりません)
奥平 智之医師 URL: https://www.dr-okudaira.com

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/369858/LL_img_369858_1.jpg
「テケジョスイーツ」イメージ

■開発背景
北海道・倶知安(くっちゃん)町にある、小さな菓子店の代表・藤井 千晶は、家族の体調不良や自身の鉄欠乏症を経験したことで、潜在的に不足する栄養素を補ったり、代謝を阻害する要因を取り除いたりなど、栄養の観点から食生活を改善する栄養療法(分子栄養学)に出会いました。鉄などの栄養を補うことに加え、グルテンフリーをはじめとした、不調予防へのアプローチの重要性を知り、自身の食生活に取り入れてきました。その体験をもとに、菓子づくりの新しい取り組みとして、同じような悩みを持つ方々に向けて鉄や栄養が摂れ、かつ控えたい原材料(素材)を不使用とした菓子を開発しました。


■商品の特徴
*鉄欠乏女子を「テケジョ」と名づけ、女性の鉄欠乏への啓発活動を行う医師が監修
鉄欠乏に詳しい奥平 智之医師が監修。「鉄欠乏の改善には、単に鉄を補うだけではなく、抗炎症対策も考慮して、鉄代謝を改善する必要がある。従来のスイーツには、鉄欠乏症の方には炎症の原因となる精製糖質や小麦粉が使われていることが多く、これらは控えるべきもの」との奥平医師の指導のもと、本商品シリーズは、単に鉄入りではなく、グルテンフリー・精製糖不使用にすることや、ラクトフェリン・食物繊維・オリゴ糖を配合することで「テケジョ」に配慮されたものとなっています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/369858/LL_img_369858_3.png
奥平医師の紹介

女性の場合、一般的に1日あたり10mg以上の鉄の摂取が推奨されているが、2019年の国民健康栄養調査によれば平均摂取量は6.2mgと4mgほど不足しているのが実態。「テケジョスイーツ」シリーズの菓子には一袋あたり4mgの鉄を配合しています(サプリメントにも使用実績のある太陽化学の鉄剤)。

*菓子としては先駆的な取り組み「ラクトフェリン」配合
鉄の吸収効率や腸内環境への寄与が研究報告されている「ラクトフェリン(※)」を配合。機能性素材として乳製品における配合実績は少なくないが、加熱に弱い性質から菓子製造では取り扱いが難しく、これまで使用が困難な素材とされてきました。
当社では、菓子の製造法や工程を工夫することで、ラクトフェリン配合菓子の商品化を実現しました。
※かまさる団子にはラクトフェリンを配合しておりません

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/369858/LL_img_369858_5.jpg
ラクトフェリン

*大切な人とシェアしたい、和菓子も洋菓子も入っている「テケジョスイーツ」のセット
「テケジョスイーツ」は、ロールケーキ(3種)、かまさる団子(2種)、カスタード大福(2種)のラインナップで、今回発売するのは詰め合わせセット商品となります。
当社代表・藤井 千晶は「お菓子は体に良くないイメージがあり、食事に気を使う方々の多くはお菓子を贈答用にしづらい現状と、健康に良いものは美味しくないという傾向を払拭したいとの思いがあった。材料にこだわり、製造を工夫。冷凍便で届いたら必要な分だけを解凍し、普通のお菓子と変わらず美味しく食べられる。健康に気を使う方への贈答にピッタリ。」とコメントしています。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/369858/LL_img_369858_2.jpg
「テケジョスイーツ」全種類

<種類>
ロールケーキ :抹茶風・チョコ・ごま 3種
かまさる団子 :ごま・きな粉 2種
カスタード大福:プレーン・抹茶風 2種
和菓子・洋菓子が混合するセット

*限定100個のお試しセットが送料込み4,500円→2,980円で通販限定で提供
鉄を気にしている女性にぜひ食べていただきたい、お菓子は好きだけど食べるのに罪悪感を感じている大切な方へのギフトにしていただきたい、ぜひお菓子を起点にお話で盛り上がってほしい。
そんな思いで初回通販限定でお試しセットを提供します。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/369858/LL_img_369858_4.png
商品箱詰め

■商品概要
商品名 : テケジョスイーツセット
発売日 : 2023年9月26日(火)
種類 : お試しセット、ギフト中、ギフト大
価格 : 【送料・税込み価格】
限定100お試しセット 4,500円→2,980円
ギフト中 6,500円 ギフト大 8,500円
内容 : *お試しセット
ロールケーキ3種各1×3個、カスタード大福2種各1×2個、
団子2種各1×2個
*ギフト 中
ロールケーキ3種各2×6個、カスタード大福2種各2×4個、
団子2種各1×2個
*ギフト 大
ロールケーキ3種各2×6個、カスタード大福2種各3×6個、
団子2種各3×6個
販売場所: お菓子のふじい公式通販サイト・楽天通販サイト
URL : 公式自社サイト https://sweets-fujii.shop/
楽天通販サイト https://www.rakuten.co.jp/sweets-fujii/
9月26日午前6時より商品を掲載予定、現在商品掲載はしておりません


■会社概要
商号 : 株式会社ふじ井(店名:お菓子のふじい)
代表者 : 代表取締役 藤井 千晶
所在地 : 〒044-0051 北海道虻田郡倶知安町北一条西3丁目4
設立 : 2018年7月(創業1950年)
事業内容: 菓子製造・販売・卸
資本金 : 150万円
URL : https://sweets-fujii.com/


【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
お菓子のふじい 通販サイト
お問い合せフォームより
メール: online@sweets-fujii.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ナスダックが初の1万7000突破、エ

ビジネス

米住宅価格指数、3月は前年比6.7%上昇 前月比で

ビジネス

米CB消費者信頼感、5月は102.0 インフレ懸念

ビジネス

アクティビスト投資家エリオット、米TIへの25億ド
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲームチェンジャーに?

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 4

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 5

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 6

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 7

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 8

    なぜ「クアッド」はグダグダになってしまったのか?

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 10

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中