コラム

中国で「割礼」がブーム?

2010年07月12日(月)12時19分

 上海に近い浙江省杭州市にある浙江大学医学部附属児童病院は、夏休みになると特に泌尿器科が忙しくなる。毎日70〜80人の男の子の「包茎手術」をしなければならないからだ。

 患者は主に6歳から12歳の小学生男児。病院によれば、09年に手術を受けた男児は約3500人。今年は1〜6月で既に2000人を超える男の子が「割礼」を受けた。今申し込んでも1カ月は待たなければならない――。(杭州日報・都市快報より)

 どうやら中国では包茎手術がちょっとしたブームらしい。特徴は親が「息子の息子」の心配をしているところ。6月に「高考」(全国大学統一入試)が終わると、上海のある病院には高校生の息子の包茎を心配した親からの電話が殺到したという。

 中国でも「包茎」については病院側が情報発信に熱心だから、本当にブームと言えるかどうか見極めは難しい。それでも1つの総合児童病院に毎日10人の子どもが手術を受けに来るというのは、例えそれが経済が発展した沿海部だとしてもかなり多い。

 都市快報によれば、浙江大学医学部附属児童病院の手術代は約800元(約1万円)。中国の都市住民にとって決して安くはないが、払えない金額ではない。小金を貯め込んだ都市住民が、一人っ子の「小皇帝」を猫かわいがりしている――とつい捉えてしまうが、コトはそんなに単純ではないかもしれない。

 包茎手術には、単に性交時の早漏を防ぐだけでなく、陰茎癌にかかるリスクを減らすメリットがある。ここまではわれわれ日本人もよく知っているが、「包茎手術をした男性は、しない男性に比べてエイズに感染する確率が60%減る」という情報はどうだろう。怪しげな病院の宣伝文句ではない。WHOの指摘だ。

 中国に2年弱住んだ筆者の経験から見て、中国人は日本人より性を医学的に受け止める。大半の日本人は「包茎」について語るとき、未だに気恥ずかしく感じると思うが(だから筆者も包茎を「包茎」と書いた)、中国人は恐らく日本人ほど抵抗感を感じない。だから病院にも平気で電話をかけるし、夏休みの手術にも殺到する。

 性に対する不必要な羞恥心が、必要な情報に対する目を曇らせているのだとしたら問題だ。

――編集部・長岡義博

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story