コラム

ギリシャ首相が持ちネタ披露

2010年04月26日(月)15時52分

 ギリシャのパパンドレウ首相は、このネタを、このタイミングで使おうと思っていたに違いない。

 財政危機に陥っているギリシャは先週23日、ついにEU(欧州連合)とIMF(国際通貨基金)に緊急融資を要請した。パパンドレウは訪問中の小島から中継されたテレビ演説で、同国の前途を得意のギリシャ神話に例えた


「私たちは困難な航路に入った。ギリシャにとって新たなオデュッセイアだ。しかし私たちはイタケへの行き方を知っているし、海図も描いてある」


 オデュッセイアは、古代ギリシャの詩人ホメロスが英雄オデュッセウスの大冒険を描いた叙事詩。オデュッセウスは、長く困難な航海の末にようやく故郷のイタケ島にたどり着く。

 パパンドレウは、2月のドイツ誌とのインタビューでも自国の困難をオデュッセイアに例えている。ドラマチックで愛国心に訴えそうで、世界にも通用する例え話なので、よほど気に入ったのだろう。

 EUとIMFの支援には厳しい財政再建の条件が付くはずだ。今後何年にもわたってきつい生活を強いられる国民は、パパンドレウのドラマチックな演説に感動するどころか猛反発している。

 昨年秋の選挙で政権を奪われた新民主主義党のサマラス党首は、まるでひとごとのように揚げ足を取った。「パパンドレウは新たなオデュッセイアと言ったが、その航海がどれほど長くなるかは神のみぞ知るだろう」

 前政権の財政赤字「粉飾」が今の危機を引き起こしたというのに、いやはや。

──編集部・山際博士


このブログの他の記事を読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア軍、ウクライナ中部ポルタワ州を攻撃 22人負

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成

ワールド

デンマーク、ロシア産原油輸送の「影の船団」阻止を検

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開で実施 
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story